赤目無冠のぶろぐ

アニメ、将棋・麻雀、音楽(作曲、DTM、ベース)、思想など

帰ってきたニートの一日の作者。詳しくははじめにへ。

競馬の芝の長距離とダートの短距離

競馬の芝の長距離とダートの短距離について。
大雑把な解説をしておく。


芝の長距離:

・長距離になるほど、途中で何があるか分からないため、予想しにくい。
 極端なスローペースやハイペースになってしまうこともあるので、
 タイムやラップを分析しても意味がないこともある。つまり、荒れる(高配当が多い)。

・レース数が少ない条件なので、経験のない馬や騎手はやってみないと分からない。
 いきなり勝つかもしれないし、逆に経験不足であっさり負けるかもしれない。
 全体的に芝の長距離は不確実な要素が多く、予想しにくい。つまり、荒れる(高配当が多い)。

 一方、経験の多いベテラン騎手は信頼してよい。これはそれだけ騎手の技量が問われる条件だから。
 また、G1のような格調の高いレースが多いので、もともとベテラン騎手が多い。

・円周競技なので、長距離になるほど(コーナーの数が多いほど)、
 距離が短い分だけ内枠が有利になる傾向がある。
 特に多頭数の時にそうなる。有馬記念がその典型例。

・芝は馬場状態が変わり易い。つまり、荒れる(高配当が多い)。

・軽い馬でも活躍できる。典型例はディープインパクト

芝の長距離のまとめ:不確実→荒れる(高配当)、馬より騎手、内枠○、軽い馬○


ダートの短距離:

・短距離はよどみない展開が多いので予想しやすい。
 基本的には馬の力通りに決まるので、芝の長距離ほど騎手を重視しなくても当たる。
 特に高速馬場の時はタイムやラップ順に素直に買えば簡単に当たる。
 (典型例は2016年の高松宮記念。このレースはダートではなく芝だが、高速馬場の特徴がはっきりしていた。)
 つまり、全体的に堅い。その代わり低配当。
 (荒れるとすれば、出遅れ。短距離での出遅れは致命的。)

・レース数が芝の長距離に比べ、多い。十分なサンプルがあるので分析しがいがある。
 軽視されがちだが、きちんと勉強すれば、実は1番勝ち易い条件かもしれない。

・短距離の場合はコーナーが少ないため、内側と外側の差があまりない。
 しかも、ダートは砂が舞うため、内枠だとかえって走りにくい。
 したがって、ダートの短距離は外枠が有利になることが多い。

 典型例は新潟の1000m。ここは直線なので内枠と外枠の差がまったくない。
 しかも、内枠は使われていくうちに走りにくくなるので、外枠の方が伸びる。
 必然的に全員が外ラチに殺到するレースになる。
 (ただし、ここはダートではなく、芝)

・ダートは芝に比べ、馬場状態が変わりにくい。ゆえに安定した結果が出る。
 東京ダート1600mが典型例。ここは滅多に荒れない。

・ダートは砂に負けないパワーがいる。そのため、重い馬が活躍することが多い。
 実際、ディープ産の馬はダートに出走しても芝ほど活躍できないし、そもそもそんなに出走しない
 (ターゲットというJRA公式データを使えば分かる)。

ダートの短距離のまとめ:確実→堅い(低配当)、騎手より馬、外枠○、重い馬○


※これらはあくまで傾向。絶対視できるものではない。
 実際には場所によってかなり違う。

『新約 とある魔術の禁書目録(インデックス)』第3巻の地名について

『新約 とある魔術の禁書目録(インデックス)』第3巻の地名について

第3巻の舞台はアメリカのハワイ。
ゆえに、以下のハワイ諸島地図などを見ながら本作を読むと、理解しやすい。

http://www.hawaii456.com/info/map_islands.html

オアフ島
 1章の新ホノルル国際空港、3章のパールハーバーなど。本作の中心地。

ワイ島
 3章以降。国立火山公園(→実在する公園は火山国立公園)やキラウェア火山など。
 ここで浜面・黒夜・番外個体が『起爆剤』を止めるために奮闘する。

ラナイ島
 3章以降。ここの上空で上条・美琴・ロベルト大統領がサローニャと対峙し、輸送機で海上に不時着する。

モロカイ島
 4章217頁。サローニャが一時的にいた場所。

カホオラウェ島
 4章254頁。敵に扮した浜面達が船で通った場所。

カウアイ島
 5章。リンディ=ブルーシェイクがいた場所。
 アナホラ、ナパリコースト(→映画『ジュラシックパーク』のロケ地)、ワイメア、ノヒリなど。

※すべて実在する地名

元東大生の馬券マネジメントの評価・評判・口コミ

競馬の予想屋・元東大生の馬券マネジメントについて。


ここは予想の料金が高すぎる。その点では非常に評判が悪い。
たとえ勝てたとしても、チケット代だけでお金がなくなってしまうので、おすすめできない。


しかし、無料予想があるので、そこを見るだけなら良いサイト。
とはいえ、多くの人が参考にしているせいか、無料予想のオッズはかなり下がってしまっている。


そこで予想屋マスターのように基準オッズを設定することを推奨する。
(知らない人は「予想屋マスター」と検索して、彼の考え方を各自で学習すること)

具体的には、推奨資金配分が各400円のレースなら、馬連30倍以上、3連複100倍以上のみを買う。
各800円なら、単純計算で2倍自信がある(≒的中率が2倍)ということだと考えられるので、
馬連15倍以上、3連複50倍以上のみを買う。

数字は一例に過ぎないので、各自で研究しよう。

基本、基準オッズを上げれば上げるほど、的中率が低くなる分、回収率が高くなる傾向がある。
その中で自分に合った買い方を見つければよい。

「各400円なんて高すぎる!」という人は各100円にすれば4分の1にすることもできる。


こういったところの情報は鵜呑みにするだけでは絶対に勝てない。
結局は客同士の金の奪い合いになるのがギャンブルの本質なので、うまく立ち回ることが大事だ。

消費税率を上げても税収は減らない

「消費税率を上げて消費税を増やしても、他の税収(所得税法人税)が減ってしまう。
 だから全体の税収は増えない。」

このような増税反対論者の話をよく聞くが、残念ながら(?)、最近(2015~16年度)は増えている。

ソースは財務省の「一般会計税収の推移」。拡大画像はこちら

これによると、消費税は10兆円から16~17兆円へ。所得税法人税も少しだけ増加。
いずれも増えているので、結果として、全体の税収(一般会計税収)も増えている。

「国の財政がよくなっても民間の実体経済が悪くなったら意味がない」という反論も考えられるが、
もしそうなら所得税法人税が減る。会社の業績が悪くなって、社員の給料が減るのだから。
しかし実際にはそうなっていない。つまり普通に景気がよい。

消費税率の引き上げに反対する者にとっては都合の悪いデータだ(苦笑)。


※ただし、消費税を3%から5%にした1997年以降、所得税法人税が減って全税収が減ってしまったのは事実。
 この実証的なトラウマがあるから、政治家も国民も消費税を嫌う。
 この点は先に示したグラフをじっくり見ればはっきり分かる。

 おそらく97年は山一証券の破綻、アジア通貨危機などがあった経済的な混乱期なので、タイミングが悪かったのだろう。
 (不良債権の処理の遅れや物価の下落(デフレ)が問題視されるようになった時期でもある)
 つまり消費税そのものが悪いわけではなく、それを導入するタイミングが悪かったのだと考えられる。

 実際、消費税を0%から3%にした1989年度と90年度は減っていない。それどころか増えている。
 通常、3%を5%にして2%上げるよりも、0%を3%にして3%上げる方が増税の影響は大きい。
 上げる割合が高いし、無税だったものを有税にする時の方が衝撃がはるかに大きいからだ。
 にもかかわらず、言うほど税収が変わっていないわけだから(それどころか増えたわけだから)、
 消費税が悪だと安易に言うことはできない。

 なお、1992年度に税収が激減している点を指摘されるかもしれないが、これはバブル崩壊の影響かと。
 それに導入から何年も経っていると、消費税「だけ」が原因だと証明するのは困難である。
 財政状況を決定する要因は消費税だけではなく、様々な要因が複雑に絡むわけだから。
 (そもそも相関だけでは因果関係を決められないという根本的な問題もある)


※「2014年度以前は決算額、15年度は補正後予算額、16年度は予算額」である点を指摘されるかもしれない。
 つまり「15年度と16年度はまだ決算額が出ていないから最後まで分からない」という反論が考えられる。

 しかしこれも財務省の「一般会計税収の予算額と決算額の推移」を見る限り、それほど心配しなくてもよい。
 ここ数年は予算額や補正後予算額よりも決算額の方が多いから。

 強いていえば2009年度のような状況になると困る。
 この時は補正額がマイナス9.2兆円もあったため、決算額がかなり少ない。
 とはいえ、この年はリーマンショックサブプライムローンの影響で世界経済が混乱していた時期。
 今はリーマンショックの時のような状況にはなっていないので、大丈夫だと思う。

渋谷のPUBLIC HOUSE(パブリックハウス)の朝食

渋谷のPUBLIC HOUSE(パブリックハウス)の朝食について

形式:ビュッフェ・バイキング・食べ放題

料金・価格・値段:税込1080円(2017年1月現在)(820円という記事も見かけたが値上がりした模様)

時間:朝7時~10時。2時間以内。

場所:渋谷の新南口ホテルメッツの3階。

雰囲気:洋風でオシャレ。体感ではやや女性が多い。

食事の内容:

ピザ、ハム、ポテト、パスタ、からあげ、魚、スクランブルエッグ、ソーセージ、ケチャップ、カレー、
ご飯、のり、温泉たまご、納豆、漬け物、梅干し、
ワッフル、パン、ジャムやマーガリン、
カリフラワー・ブロッコリー・ニンジンのサラダ、豆のサラダ、
オレンジ、フルーツポンチ、ヨーグルト、コーンフレーク、
ジュース数種類、コーヒー、紅茶

など。(毎日まったく同じとは限らないので注意)

味:

 チェーン店に比べて高いだけのことはあり、総じて美味。

 特にからあげがよい。揚げ方がよい。それか隠し味がよい。

 スクランブルエッグも半熟でちょうどよい。
 卵料理は技術の差がはっきりするところなのでよく分かる。事実、人気があり、なくなっていた。

 ワッフルもおすすめ。傍にシロップがある。

 コーヒーも温かく、美味。

 ただしご飯の味が少し変。具体的にはご飯の粒が立っていない。
 炊き方が悪いか元々の素材の質が悪い。

 洋食中心なので、洋食を推奨したい。