赤目無冠のぶろぐ

アニメ、将棋・麻雀、音楽(作曲、DTM、ベース)、思想など

fc2のぶろぐからやって来た男。詳しくははじめにへ。

アニメ

とあるシリーズのヤシの実サイダーを買うなら立川ではなく秋葉原のコトブキヤ

とあるシリーズのヤシの実サイダー(ヤシの実&パインサイダー)は、わざわざ立川に行かなくても、秋葉原のコトブキヤの1階で買える。 お土産コーナーとレジ前の冷蔵ショーケース内にある。『フレームアームズ・ガール』の飲み物の隣にある。 通常は130円だ…

とある自販機の「ヤシの実&パインサイダー」は7月上旬?

立川観光協会のツイッターによると、とある自販機の「ヤシの実&パインサイダー」は7月上旬にデザインを一新し、再販する予定。当初は6月中旬の予定だったが、間に合わなかったらしい。主なリンクは以下。立川観光協会(http://www.tbt.gr.jp/index.html)↓…

『IS 〈インフィニット・ストラトス〉』第11巻のまとめ

弓弦イズルによる『IS 〈インフィニット・ストラトス〉』第11巻(オーバーラップ文庫、2017年5月25日初版発行)のまとめ(要約・感想・レビュー・考察)※かなり省略した。正確に把握したい場合は買った方がよい。※今までの内容はhttp://akamemukan.hatenabl…

けものフレンズはなぜ売れたのか~未解決問題や考察もそえて

けものフレンズの考察・感想・レビュー。なぜ売れたのか?、何が面白いのか?、未解決問題や考察。 -------- ~なぜ売れたのか? 何が面白いのか?~ ・動物を(美少女ものに)擬人化するという発想がよかった この考え方ならキャラクターをたくさん作れる。…

けものフレンズのファミマプリント

けものフレンズのファミマプリントを買った。買ったのはキービジュアル2。L判、税込200円。 ↑大きさはこれぐらい。89mm×127mm。↑ ↑裏は真っ白。本当にプリントしただけ(笑)。ポストカードにしても売れそうだが…↑ ↑トイレットペーパーと比較してみたもの↑※…

2017年冬アニメ『けものフレンズ』のまとめ

2017年冬(1~3月)アニメ『けものフレンズ』のまとめ。(まとめ・要約・考察・感想・レビュー)※この記事をまとめる際、wikipediaと公式サイトを参照した・『けものフレンズ』とは? メディアミックス作品。原作は2015年に公開されたネクソンによるスマー…

けものフレンズの動物の分類・解説、ペパプ予告

けものフレンズの動物の分類、アイキャッチにおける動物の解説、PPP(ペパプ)予告 動物の分類第1話「さばんなちほー」サーバル(Serval Cat ネコ目ネコ科ネコ属)カバ(Hippopotamus 偶蹄目カバ科カバ属)第2話「じゃんぐるちほー」オセロット(Ocelot…

とあるシリーズの上琴のまとめ

とあるシリーズの上琴(かみこと)(上条当麻と御坂美琴)のまとめ。 ・調査対象はアニメ化されたところ(インデックス2期24話、原作SS)まで。 レールガン8巻以降は省略。エンデュミオン関連は煩雑なので簡単な表記のみにした。 ・美琴視点でまとめた。主…

とあるシリーズのヤシの実サイダーは、立川に行かなくても、秋葉原のコトブキヤで買える

とあるシリーズのヤシの実サイダーは、わざわざ立川に行かなくても、秋葉原のコトブキヤの1階で買える(2016年9月現在)。 味は炭酸のパインジュースといったところでごく普通。果汁1%。トーヨービバレッジによる飲み物。 御坂美琴の缶が少なくて探すの…

『とらドラ!』の考察~異種への憧れから同種への共感に向かう物語

『とらドラ!』は「竜児→実乃梨、大河→祐作という片想いが竜児&大河という両想いになる物語」である。相手の恋愛の成就を応援し合っているうちに互いに好きになってしまった、というよくある話だ。 本作から恋愛パターンは2つあると分かる。 ①異なるもの(…

『とらドラ!ノ全テ!』のまとめ

電撃文庫編集部によるオフィシャルガイドブック、『とらドラ!ノ全テ!』(アスキー・メディアワークス、2009年7月)をまとめる。 【沿革】 2006年 3月 『とらドラ!』発売 5月 『とらドラ2!』発売 ↑「とらドラ・スピンオフ! 幸福の手乗りタイガー伝説…

竹宮ゆゆこによる『とらドラ!』の原作(ライトノベル)の要約・考察

竹宮ゆゆこによる『とらドラ!』の原作(ライトノベル)の要約・考察を掲載する。(イラスト:ヤス、電撃文庫、2006年3月~2009年3月)(テレビアニメは2008年10月~2009年3月)凡例 ・▲は筆者の考察で、正しいかどうかは人それぞれ ・要約の際、文を簡潔…

『IS 〈インフィニット・ストラトス〉』の原作第10巻のまとめ

『IS 〈インフィニット・ストラトス〉』の原作第9巻のまとめの続き【第10巻】第一話「そうだ、京都に行こう(ゴー・ウェスト!)」・楯無が秋の京都修学旅行の下見を専用機持ち全員に頼む(引率は千冬と山田真耶先生)。 真の目的は亡国機業(ファントム・…

2014年秋アニメ『失われた未来を求めて』のまとめ・感想・考察

2014年秋アニメ『失われた未来を求めて』をまとめる※原作はTRUMPLEによる成人向けのゲーム。現在、活動休止中。※執筆の際、https://ja.wikipedia.org/wiki/失われた未来を求めてを参照した※主人公の秋山奏の視点で要約した。特に断りがない場合、文の主語は…

2015年春アニメ『ニセコイ:』(第2期)のまとめ

2015年4~6月に放送されたシャフトによるアニメ『ニセコイ:』(第2期)をまとめる・原作は古味直志(こみなおし)による漫画。『週刊少年ジャンプ』(集英社)2011年48号より連載中。・執筆の際、http://ja.wikipedia.org/wiki/ニセコイを参照した・第1…

ヤマノススメのOVA(Blu-ray収録のオリジナルエピソード)のまとめ・感想

今回はヤマノススメのOVA(Blu-ray収録のオリジナルエピソード)のまとめ・感想。執筆の際、wikipedia、自分のブログのまとめ1、自分のブログのまとめ2を参照した。 十三合目「壁って怖くないの?」あおいが楓からクライミングを教わる話。ボルダリングな…

「あにこれ」で売上の割に過小評価されているアニメ

「あにこれ」(http://www.anikore.jp/)で売上の割に過小評価されているアニメをまとめてみた。その際、このブログの「あにこれ」に基づくアニメ年表とアニメの売り上げ~累計平均5000枚超の1998年以降のTVアニメを参照した。 ~定義~過小評価されている…

「あにこれ」で売上の割に過大評価されているアニメ

「あにこれ」(http://www.anikore.jp/)で売上の割に過大評価されているアニメをまとめてみた。その際、このブログの「あにこれ」に基づくアニメ年表とアニメの売り上げ~累計平均5000枚超の1998年以降のTVアニメを参照した。 ~定義~過大評価されている…

アニメの売り上げ~累計平均5000枚超の1998年以降のTVアニメ

アニメDVD・BD売り上げまとめwiki、アニメDVD・BDの売り上げを見守るスレ@wiki、アニメDVD・BD売り上げ一覧表まとめWikiを参照しながら、アニメの売り上げを概観していきたい。 はじめに~TVアニメの売り上げの相場 アニメDVD・BDの売り上げを見守るスレ…

「あにこれ」に基づくアニメ年表

暇なので、「あにこれ」(http://www.anikore.jp/)を参照しながら、アニメ年表を作ってみた。 凡例・映画の場合は(映画)、OVAの場合は(OVA)と明記した・有名な作品と個人的に好きな作品だけを掲載した。全てのアニメを掲載したわけではないので注意。・…

「あにこれ」の総合得点の簡単な考察

「あにこれ」(http://www.anikore.jp/)とは、みんなでアニメを評価できるサイト。暇なので、そこの総合得点の分布を調べてみた。以下のようになった。 90点以上 28作品85~90点(85点以上) 69(97)作品80~85点(80点以上) 73(170)作品75~80点(75点…

アニメの売り上げ枚数を語る際に注意すべきこと~売れることと面白いことの違い

最近、アニメの売り上げ枚数に注目している。いずれ年表にしてその内容をまとめてみたいと思っている。しかし、それを書く前に、どうしても注意しておきたいことがある。それは作品が売れることとその内容が面白いことが一致するとは限らないということであ…

『けいおん!』の何が面白いのか~1期12話の唯のセリフ、音楽という架け橋、wikipediaの批評

『けいおん!』(*1)の何が面白いのか、簡単に述べておく。個人的には、1期12話の唯のセリフが印象的だったので、それを紹介しながら、『けいおん!』を正当化しておきたい。賛否両論ある作品だが、商業的には成功した作品(*2)なので、語っておく必要がある…

『思想地図vol.4』の「物語とアニメーションの未来」の感想・レビュー

以下はツイッター(akamemukan)で書いたものを転載したものである。 最近は『思想地図vol.4』の「物語とアニメーションの未来」(座談会)を読んでいた。そこで批評家たちが新しいアニメ(の想像力)が出てこないことを嘆いていた。しかし、彼らの感受性が…

アニメ雑誌『オトナアニメ Vol.31』のまとめ・レビュー・感想

マニア向けのアニメ雑誌『オトナアニメ Vol.31』(洋泉社MOOK、2013年9月23日発行)をまとめる。Vol.31の表紙(主題)は『とある科学の超電磁砲(レールガン)S』。--------------------------------------~内容~限界出力大特集! とある科学の超電磁砲(…

アニメ雑誌『オトナアニメ Vol.16』のまとめ・レビュー・感想

マニア向けのアニメ雑誌『オトナアニメ Vol.16』(洋泉社MOOK、2010年5月10日発行)をまとめる。Vol.16の表紙(主題)は『とある科学の超電磁砲(レールガン)』。--------------------------------------~内容~Otona Anime Front Pickup・声優の代永翼&…

アニメ雑誌『オトナアニメ Vol.1』のまとめ・レビュー・感想

マニア向けのアニメ雑誌『オトナアニメ Vol.1』(洋泉社MOOK、2006年8月10日発行)をまとめる。Vol.1の表紙(主題)は『涼宮ハルヒの憂鬱』。三大誌(アニメージュ、アニメディア、月刊ニュータイプ)が採り上げなかった作品にも言及している。------------…

2014年秋アニメの感想・批評

前期(2014年の秋)はたくさん見たので、まとめておく。 ~大衆的だと予想される作品~ ・寄生獣 セイの格率 原作は岩明均による漫画(講談社)。 グロテスクだが、おそらく最も一般的。いわゆる「萌え」要素がないので、一般人でも抵抗なく楽しめるだろう。…

『ヤマノススメ セカンドシーズン』のまとめ

『ヤマノススメ セカンドシーズン』をまとめる。まとめる際、wikipediaを参照した。1期のまとめはこのブログのhttp://akamemukan.hatenablog.com/entry/2013/08/18/151007の後半を参照。---------------------------------------新一合目「テントに泊まろう…

『IS<インフィニット・ストラトス>2』のOVA「ワールド・パージ編」のまとめ・レビュー・感想

『IS<インフィニット・ストラトス>2』のOVA「ワールド・パージ(分離解体の世界たち)編」をまとめる。まとめる際、公式ツイッター、アキバblogによるパッケージの中身の紹介、ヲタブロによるレビュー・感想、菊地康仁監督へのインタビュー、このブログの…