赤目無冠のぶろぐ

アニメ、将棋・麻雀、音楽(作曲、DTM、ベース)、思想など

fc2のぶろぐからやって来た男。詳しくははじめにへ。

ニートの贅沢な苦悩

ニートの贅沢な苦悩について吐露しておく。

ニートになるとすることがない。要するに義務がない。
そのため、計画的に時間を使えなくなる。

想像してみて欲しい。「何をやってもいい」と言われたらどうするか。
最初は喜んでいろいろなことをするだろう。しかし一ヶ月もすれば飽きる。それが現実である。
私はこの感覚を実際に体験している。

「自由」というものは「不自由」の中で誕生する。
日曜日の希少価値は平日は働くものという規範から生まれる。

しかしニートは「自由」しかない。その先にあるのは漠然とした不安だけだ。

ある程度の義務の中から価値は生まれる。そのことに気づいた。
何だか哲学者のような心境である。

私はどこへ向かうのか。この自由の先に何を見出すのか。
私は今、ニートの末路を知るための社会のモルモットになっている。