赤目無冠のぶろぐ

アニメ、将棋・麻雀、音楽(作曲、DTM、ベース)、思想など

帰ってきたニートの一日の作者。詳しくははじめにへ。

『デート・ア・ライブ 第6巻 美九リリィ』の要約

【第6巻 美九リリィ】

・6巻から登場する主な人物

 誘宵美九(いざよいみく)…第6の精霊。歌をつかさどる。

 五河士織…女装した士道

 ジェシカ・ベイリー…DEM関係者。目的は十香と士道の捕獲。



[序章 『少女たち』の逢瀬]

・士道、女装して士織として、天宮市高等学校合同文化祭・天央祭を美声の美九と過ごす

 


[第一章 不可解な精霊]

・9月8日。文化祭に向け盛り上がる。
  文化祭は10校合同で、毎年、何処が一番優秀か互いに競い合う。
  殿町によると、竜胆寺(りんどうじ)女学院が優勝候補で、そこに話題のアイドル・美九がいる。
  殿町のせいで、士道が実行委員になる。

  ※八舞姉妹はお隣の2年3組へ

  ※天宮市…30年前の南関東大空災で被害を受けた東京南部から神奈川北部が再開発された地域

・裏で動くDEM社のウェストコットとエレン

・琴里、5年前現れた『何か』の識別名を〈ファントム〉と定義。
 DEM社に携わっていた真那について言いかける。そこで空間震発生。

  ※久しぶりに四糸乃、登場

・折紙、謹慎解除。
 突然、DEM社の外国人10人がASTへ。代表はジェシカ・ベイリー。

・士道、ステージ上で歌う〈ディーヴァ〉に接触。
 しかし美九は士道を嫌い、途中でやって来たASTの女たちを歓迎。
 ジェシカ、士道を狙う(どうやら彼女の目的は士道)。


[第二章 メイル/フィーメイル]

・9月9日、土曜。士道、天央祭の合同会議へ。場所は竜胆寺(りんどうじ)女学院。

・9月10日。琴里ら、美九が半年前にデビューしたアイドル歌手で、男嫌いのレズであることを確認。
 そこで友好的に接触するために、士道を女装させることに。

  ★ここで士道は美九がファントムに力を与えられた元人間ではないかと推理(伏線)

・9月11日、月曜。士道、トイレで女装。殿町に遭遇してしまう。
 従兄妹の「士織」として誤魔化す。十香にバレ、折紙に撮影される。

・女装した士道、美九と接触。今度はうまくいく。転んで手を擦りむいた際、ハンカチを渡される。

・9月12日。先のハンカチを返し、それを口実にして誘宵家へ。
  美九、女装した士道に好意を抱き、転校を美声で願うが、通じず。
  士道、精霊の力を封印する特殊能力を持っていることを吐露し、美九の力を封印することを願う。
  しかし美九、それを断り、あくまで士道を自分のものにしようとする。
  結局、天央祭で勝負することに。


[第三章 エディットタイム]

・琴里、士道の勝手な行動に怒りながらも、勝負を受けて立つ。
 内容はバンド演奏(士道の黒歴史、一人ギター演奏が役に立つ)。

・日下部、ジェシカらが9月23日土曜日に十香と士道を捕獲することを知る。その際、折紙が外されることも知る。

・9月13日。殿町、女装した士道に惚れる。バンドの準備(十香は下手、折紙は上手)。

・美九も周りを洗脳してステージに出ることに

・9月22日。折紙、日下部の独り言を聞き、ジェシカらの目的を知る。


[第四章 音楽(エンジョイ・ザ・サウンド)]

・9月23日土曜日。第25回天央祭開催。
  士道、女装してメイドカフェのメイドに。四糸乃にも見られる。

・折紙、日下部らの独り言のおかげで、無断で出撃することに成功

・美九と女装した士道のデート(ここで序章に繋がる)。
  美九、輪投げの際、人間を自分のおもちゃのように扱う。士道、それを否定。

・亜衣麻衣美衣、美九に洗脳されバンドを辞退(折紙もいない絶望的な状況)

・琴里、会場設備を妨害することで歌唱中の美九に仕返し。
 しかし美九、霊装を顕現させることで難を逃れ、圧倒的な歌唱力を披露。

・代わりに八舞姉妹がバンドに参戦

ジェシカらも十香と士道を捕獲するために動く

・折紙、ホワイト・リコリスを駆使することでジェシカらに対抗

・士道らの出番。
 途中、何者かの妨害によって、歌が流れないアクシデントが発生するも、
 動ずることなく楽しそうに歌う十香のおかげで成功。


[第五章 蒼い閃光]

・折紙、限界が近付き、厳しい形勢に

・天央祭のステージ部門一位は竜胆寺女学院に。
 しかしメイドカフェなどのおかげで、総合一位は来禅高校に。

・納得のいかない美九、周囲の人間を美声で洗脳し、士道に接触。
 その際、「士織」が男であることを知ってしまい、激怒。
 洗脳された四糸乃や八舞姉妹と周囲の人間を使って士道を始末しようとする。
 しかし耳にイヤホンを付けていたために洗脳されずにすんだ十香が士道を助ける。

・フラクシナス内の琴里らも洗脳され、ステージごと破壊しようとする。
 しかしそこに突如、真那が駆けつけ、事なきを得る。

・真那、ピンチの折紙を助け、DEM社を辞めることをジェシカに告げ、戦う

エレンがステージ上にやって来て、十香と士道を捕獲しようとする。
 十香、士道を外に逃がす。

・真那、圧倒的な戦力差でバンダースナッチらを倒し、折紙を介抱。
 仇敵たる最悪の精霊の気配を感じ取る。

・士道は助かるが、十香はエレンにさらわれる

・士道、廃ビル内に隠れる。そこへ3巻で登場した狂三が…!

 

デート・ア・ライブ6  美九リリィ (富士見ファンタジア文庫)

デート・ア・ライブ6 美九リリィ (富士見ファンタジア文庫)