読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

赤目無冠のぶろぐ

アニメ、将棋・麻雀、音楽(作曲、DTM、ベース)、思想など

fc2のぶろぐからやって来た男。詳しくははじめにへ。

谷岡一郎による『ツキの法則「賭け方」と「勝敗」の科学』

谷岡一郎による『ツキの法則「賭け方」と「勝敗」の科学』(PHP研究所、1997年8月)をまとめておく。

ギャンブルの難しさについて、統計学を用いながら、説明している本。
ある程度、知識や知恵のある社会学者が語っているので、なかなか面白い。
ただ、統計や期待値に関する教養がなく、理数系が弱い人間だと、少しイメージしにくいかもしれない。
ここでは、分かる人にだけ分かるような要約を以下に残しておく。


・ギャンブルは(ほぼ)確実に負ける

大数の法則から逃れることはできない→やればやるほど分散が小さくなる→控除率分、負ける

統計学上、確実に「負ける」賭け方(コツコツ勝つが最後は大負けしてしまう破滅型)

 1.期待値の低いものに賭ける
 2.やる回数を増やす(一度に何点も賭ける)
 3.同じ金額を賭け続ける(高倍率は少額にする)
 4.本命ばかり買う
 5.実力を要するギャンブルに参加する

統計学上、まだマシな賭け方(少しずつ負けるがたまに大勝ちするゆとり型)

 1.期待値が高いものだけ買う
 2.やる回数を減らす(買い目を1~2点に絞る)
 3.金額を一定にしない(リズムをつけ、ときどき大勝負する)
 4.大穴を狙う
 5.実力を要するギャンブルに参加しない

→要するにいずれも分散を大きくすることで、大数の法則から逃れようとしている

・リバース・マーチンゲール・システム(ころがし)を支持(p.136)し、追い上げを勝てないと批判
 ここは当ブログのギャンブルは追い上げかコロガシか - 赤目無冠のぶろぐと同じ意見。
 要するに私と彼は、大数の法則から逃げようと考えていたわけだ。
 理論上はいつか捕まって収束しまうのだが(笑)。もちろん、そのことは谷岡さんも分かっているのだろう。

 

ツキの法則―「賭け方」と「勝敗」の科学 (PHP新書)

ツキの法則―「賭け方」と「勝敗」の科学 (PHP新書)