赤目無冠のぶろぐ

アニメ、将棋・麻雀、音楽(作曲、DTM、ベース)、思想など

fc2のぶろぐからやって来た男。詳しくははじめにへ。

TVアニメ『true tears』の公式ガイドブック『true tears memories』とドラマCDのまとめ

まず、TVアニメ『true tears』の公式ガイドブック『true tears memories』
学習研究社、2008年9月、112ページ)の内容を簡単にまとめる。

・イラスト

・ストーリーガイド

・美術設定

・眞一郎の絵本…『雷轟丸とじべたの物語』と「君の涙を僕は拭いたいと思う」というセリフがある絵本

・キャラクターガイド

・特典DVD…①こちらチューリップ放送局~番外編~(声優の高垣・名塚・井口)、②PC用壁紙CG

・寄稿(アニメ評論家の氷川竜介

・インタビュー

 監督・西村純二
 ・P.A.WORKSの人に招かれたことがきっかけで、富山県の城端(じょうはな)を舞台にした。
 ・ベタな話にした。
 ・1話の眞一郎がティッシュボックスで鶏を作るシーンは、当初は彼がオナニーをするシーンだった。

 プロデューサー(P.A.WORKS 社長)・堀川憲司

 脚本/シリーズ構成・岡田麿里
 ・「俺たちの好きなことができる」と西村監督に言われて参加した。
  原作の題名が『true tears』だったので、「真実の涙」をテーマにした。
 ・眞一郎と比呂美は「恋愛」という名前が付けられる関係だが、
  眞一郎と乃絵は恋愛以外で心惹かれ合う特別な関係。
  西村監督いわく「乃絵と眞一郎は哲学的な関係なのである」(笑)。

 キャラクター原案・上田夢人

 キャラクターデザイン・関口可奈味
 ・1話の朝食の時に、比呂美の制服が一瞬透けて見えるシーンがあるが、これは西村監督の意図

 乃絵役・高垣彩陽、比呂美役・名塚佳織、愛子役・井口裕香

 美術監督・竹田悠介、背景・篠原理子

・設定資料集
  99ページに身長設定がある(キャラクターガイドにもある)。
  具体的には、乃絵156cm、比呂美164cm、愛子150cm、眞一郎171cm、三代吉176cm、
  眞一郎の父177cm、眞一郎の母166cm、酒蔵の少年160cm、朋与167cm、純180cm。

・登場人物相関図

・『true tears』の語り口(アニメ評論家の藤津亮太

・制作スタッフの覚書や書簡など

 ※制作途中(2007年)に書かれたものなので、本編とは内容が異なっている。具体的には以下の点で本編と異なる。

 ・愛子が三代吉への『贖罪』として、彼に体を許してしまう

 ・眞一郎は最終的に乃絵とくっつく。その際、乃絵が『真実の涙』を流す。

 ・乃絵の父親は、乃絵のせいで起こってしまった事故で他界した

 ・純は、事故の際に「乃絵のせいだぞ」と乃絵を責めてしまったせいで、シスコンになった

 ・眞一郎の父(宗弘)・比呂美の父(篤)・母(涼子)は幼馴染で三角関係だった。
  眞一郎の父(宗弘)は、結局、眞一郎の母(しをり)と見合い結婚するが、結婚後も比呂美家との付き合いを続けた。
  その為、眞一郎の母(しをり)は比呂美の母(涼子)に対して劣等感を抱くようになった。

・CD&DVD情報

・アブラムシの唄

・キャスト&スタッフ

[総評]…充実した内容。ファンなら買い。

-----------------------------------------

続いて、TVアニメ『true tears』ドラマCDをまとめる。

01:比呂美の場合…女はみんな繋がっているという話

02:雪解けの時…三代吉と愛子の関係

03:いつか飛ぶ空…乃絵に友達ができるまで

[総評]…ほぼ予想通りの展開なので、お金が足りないファンは、買わない方がよい。

 

true tears memories

true tears memories