赤目無冠のぶろぐ

アニメ、将棋・麻雀、音楽(作曲、DTM、ベース)、思想など

帰ってきたニートの一日の作者。詳しくははじめにへ。

『デート・ア・ライブ 第9巻 七罪チェンジ』の要約

【第9巻 七罪チェンジ】

[第六章 子供たち(リトル・モンスター)]

・10月29日、日曜日、士道が幼女になった十香・折紙・四糸乃・琴里・耶倶矢・夕弦・美九の面倒を見る

・ウェストコット、士道を『鍵』として使うことを企む

・翌朝、士道が幼女の美九・四糸乃・琴里にフレンチトーストを振る舞う。その際、「あーん」する。

・士道、2年4組の教室へ行き、殿町・亜衣・麻衣・美衣・岡峰先生の無事を確認する。
 その後、勝手にやって来た幼女の十香・耶倶矢・夕弦・折紙に翻弄される(「五河千代紙」という発言あり)。
 さらに、七罪のハニエルに翻弄される(服をバラバラにされたり、家をドリームパークにされたりする)。

[第七章 闇からの手招き(ヘッドハンティング)]

・DEM社のロジャー・マードック(8巻2章参照)、ウェストコットの暗殺を企む。
 具体的には、天宮市に人工衛星を落とす計画を提唱する。(シンプソンという人と話している)

・11月1日、士道らが七罪の反応を捉える(格好は『僕だけの動物園』)

・七罪、エレンに襲われ負傷する。士道と元の姿に戻った十香ら、七罪を助ける。

・元の姿に戻った折紙、DEM社の介入により、懲戒処分を受ける。
 エレン、折紙をDEMに誘う。その際、士道の安全と5年前の情報の開示を約束する。

[第八章 変身(メイクアップ)]

・士道ら、自分の容姿が嫌いな七罪を変身させる。
 具体的には、美九のエステ、八舞姉妹の美容室、服選び、士道のメイク(士道の女装)など。

・士道ら、七罪のネガティブな性格を直そうとするも、失敗する。
 具体的には、殿町や神無月を紹介したり、ハンバーガーショップに行ったりする。

[第九章 嘘に決まってる(アイド・ライク・トゥ・ビリーヴ)]

・七罪、琴里に扮して、逃亡する。その際、皆が自分のために行動していることを知り、動揺する。

・エレン、五河家に侵入し、士道に七罪の居場所を聞こうとする。
 しかし人工衛星の接近が知らされる(その後、空間震警報が鳴る)。

[第一〇章 絶望が落ちてくる(フォールダウン)]

・フラクシナス内の琴里、〈ミストルティン〉で人工衛星を迎撃しようとするも、
 バンダースナッチとDEMの空中艦に妨害される。
 そこで自ら霊力を使って、精霊霊力砲〈グングニル〉で迎撃する。
 しかし人工衛星がもう一基落ちてくる。

・ウェストコット、念のために〈メドラウト〉を纏う折紙を現場に派遣する

・七罪を探していた士道と十香・四糸乃・耶倶矢・夕弦・美九、爆破術式の人工衛星を受け止めようとする。
 見かねた七罪、ハニエルで人工衛星を巨大なブタさんにする。
 士道・十香・七罪、サンダルフォンでそれを破壊する。
 七罪、士道と和解する。

[終章 DEMの魔術師(フレンド・オア・エネミー)]

・七罪、士道にキスし、裸になる

マードック、3つ目の〈ハンプティ・ダンプティ〉を落とす。
 しかし、DEMの魔術師になった折紙が、それをあっさり撃破する。