読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

赤目無冠のぶろぐ

アニメ、将棋・麻雀、音楽(作曲、DTM、ベース)、思想など

fc2のぶろぐからやって来た男。詳しくははじめにへ。

英語の母音ペアにおける綴りと発音の関係

・ai→[ei]
  aim, mainなど多数

 ※-airair, chair, fair, hair, pair, repairなど)は[e]+曖昧母音+[r]
  それとアクセントのない-tain(captain, certain, curtain, mountainなど)は無音[tn]か曖昧母音

au, aw→オーとアーの間(のど奥から声を出す)
  sauce, lawなど多数

 ※aunt, laughは「ア」

・ay→[ei]
  day, sayなど多数

-------------------------------------------

・ea→大多数は[i:]と読む
  beatなど多数

・ea→[e]と読むこともある
  大多数の-ead-(bread, dead, head, instead, readの過去形, ready, spread, steady, threadなど),
  大多数の-eath-(breath, death, feather, leather, weatherなど),
  -ealth(health, wealthなど),
  -easure(measure, pleasure, treasureなど),
  heaven, heavy, sweater, threat, weapon, wearなど

 ※readの現在形, leadは-ead-だが[i:]

 ※breatheは-eath-だが[i:]。おそらく語尾のサイレントEの影響。因みに名詞のbreathは[e]。

 ※-ear-(clear, ear, fear, gear, hear, near, yearなど)は[i]+曖昧母音+[r]になりやすい
  tearは涙は[i]だが引き裂くは[e]、wearは[e]・・・ややっこしい・・・
  early, earn, earth, learn, searchのような曖昧母音+[r]もある

 ※break, great, steakは[ei]

・ee→[i:]
  bee, freeなど多数

 ※-eer(beer, career, cheer, deer, engineer, volunteerなど)は[i]+曖昧母音+[r]

・ei→[ei]
  eight, weightなど多数

 ※ceiling, either, neither, seize, -ceive(conceive, perceive, receiveなど)は[i:]

 ※heightは[ai]、foreignは曖昧母音、theirは[e]+曖昧母音+[r]

・eo→ほとんどない。peopleが[i:]になるぐらい。

・eu→[(j)u:]
  Europe, neutralなど

・ew→[(j)u:]
  crew, few, new, viewなど

・ey→[i]か[ei]
  -ney(honey, money, journeyなど), -key(key, monkeyなど), valleyは[i]
  -hey(hey, theyなど), -vey(convey, surveyなど)は[ei]

 ※eyeは[ai]

--------------------------------------

・ia
 -cial, -tial(essential, initial, official, potential, racial, social, specialなど)は曖昧母音
 -cian(magician, musician, technicianなど)は曖昧母音

ie→[i:]や[ai]
  believe, chief, field, piece, series, species, relieveは[i:]
  die, lie, pie, tieは[ai]

 ※-cient, -tient(ancient, efficient, patient, sufficientなど)は曖昧母音

 ※-ier(fierce, frontier, soldierなど)は(i)+曖昧母音+[r]

 ※friendは[e]

・io→-ion(conclusion, nationなど)が非常に多く、総じて曖昧母音

 ※ratioは[rei+sh+ou]

--------------------------------------

・oa, oe, oi, oo, ou, ow, oy→当ブログの英語のアルファベットの「o」における綴りと発音の関係を参照せよ

------------------------------------------

ua→-quaが非常に多く、[kw]に様々な母音をつける
  adequate, equal, quake, qualify, quality, quantity, quarter, squareなど

 ※languageは[wi](おそらく語尾の-ageの影響)、persuadeは[wei](おそらく語尾のサイレントEの影響)
  いろいろな例外があるがwに様々な母音をつける基本は同じ

 ※-uar-(guard, guaranteeなど)は母音の後のrの影響で音が変わる

・ue→[(j)u:]
  due, blueなど多数

 ※-que(consequence, frequency, quest, question, request, sequence)は[kw]+[e]や曖昧母音

 ※-gue(colleague, fatigue, league, tongue)は無音[g](しかしargueは[ju:])
  -que(technique, unique)も無音[k]

 ※guess, guestは[e]

・ui→[(j)u:]
  fruit, juice, suitなど多数

 ※-quiにrやサイレントEがつく場合(acquire, quite, requireなど)は[kw]+[ai]となり、
  それ以外(equip, liquid, quick, quitなど)は[kw]+[i]となる

 ※build, circuit, guilt, guitarは[i]

 ※distinguish, penguinは[wi]、suite[wi:]

 ※guideは[ai](サイレントEの影響か?)

uo→ほとんどない。quote[wou]ぐらい。

・uu→ほとんどない。vacuum[ju+曖昧母音]ぐらい。

・uy→ほとんどない。buy, guy[ai]ぐらい。

-------------------------------------------

~おまけ~

・ca, co, cu→[k]
  cat, come, cupなど多数

・ce, ci, cy→[s]
  center, city, cycleなど多数

・ga, go, gu→[g]
  gate, go, guyなど多数

・ge, gi, gy→[j](ヂ)
  general, giant, gymなど多数

 ※gear, get, gift, girl, giveは[g]

・アクセントのないage→[i](「イ」と「エ」の間)+[j](ヂ)
  advantage, average, courage, damage, garbage, hostage, image, manage, message,
  package, passage, percentage, shortage, villageなど

 ※garageはガラージュ(フランス語の読み方をそのまま輸入したもの)

・-tal→[tl]
  capital, mental, metal, vitalなど多数

--------------------------------------

◎調べていて気づいたこと

 ・当たり前ではあるが、音節が切れる位置に注意する必要がある。
  たとえば-ial, -iate, -ual, -uate(social, associate, usual, adequateなど)
  はiやuに形容詞を示す-al, -ateという接尾語がついたものとみなす。
  また、away, aware, awardはaで、createはcreで、dial, dialect, dialogue, diamondはdiで音節が切れる。
  これらは見かけ上はaw, ea, ia, uaという母音ペアだが、実際にはa, e, i, uで音節が切れる。

 ・軽視されがちだが、意外と曖昧母音(シュワサウンド)が多い。
  アクセントがない音節の母音は、ほとんど曖昧母音になる(場合によっては、無音になることさえある)。
  この音をちょっと意識するだけで、ネイティヴらしい発音に近づくかもしれない。

 ・母音の後にrが来るとその母音の音が単純化される傾向がある。
  -air, -ear-, -eer, their, -ier, -oor, -our-, -uar-などでその現象が発生する。

 ・uで始まる母音ペアの場合、qu[kw]という綴りが非常に多い

-----------------------------------------

執筆の際、ジュミック今井による『フォニックス〈発音〉トレーニングBOOK』(2005年2月、明日香出版)を参照した。
また、文字化けを防ぐために、発音記号ではなく、カタカナやアルファベットで説明した。
(正確な音を把握したい場合は、各自で発音記号を確認して欲しい)

綴りの間違いなどがあったら、コメントをください。

 

CDBフォニックス<発音>トレーニングBOOK (アスカカルチャー)

CDBフォニックス<発音>トレーニングBOOK (アスカカルチャー)