赤目無冠のぶろぐ

アニメ、将棋・麻雀、音楽(作曲、DTM、ベース)、思想など

帰ってきたニートの一日の作者。詳しくははじめにへ。

レイ・カーツワイルの『ポスト・ヒューマン誕生』のメモ書き

レイ・カーツワイルの『ポスト・ヒューマン誕生』のメモ書き

Ray Kurzweil(レイ・カーツワイル)(アメリカの発明家)
『ポスト・ヒューマン誕生 コンピュータが人類の知性を超えるとき』
NHK出版、2007年

※元の『The Singularity Is Near: When Humans Transcend Biology』は2005年に出版された

--------------------------------------------

技術的特異点とは
 「テクノロジーが急速に変化し、それにより甚大な影響がもたらされ、
  人間の生活が後戻りできないほどに変容してしまうような、来るべき未来のこと」(16ページ)
 2045年。コンピュータ(機械)が人間の脳すべての性能を超えるとき。(3章)

----------------------------------------

収穫加速の法則(2章)
 テクノロジーは指数関数的に(加速度的に)成長する。
 線形的(直線的)に成長しているわけではない。

 ※https://ja.wikipedia.org/wiki/技術的特異点

ムーアの法則
 集積回路上のトランジスタ数は2年で2倍になる。これは指数関数的な成長なので上記の収穫加速の法則と合致。

 ※https://ja.wikipedia.org/wiki/ムーアの法則

コンピューティングの指数関数的成長(84ページの図17)
 スパコンはこの10年以内(2005~2015年)に人間1人の脳の性能に達する。(3章参照)

 ※彼の予言どおり、2012年に日本のスパコン、京(けい)が達成した

 そして2045年に人間の脳すべての性能に達する。(3章参照)

---------------------------------------------

デフレは悪いことか?(103ページ)
 経済学者は技術の向上に伴うデフレを懸念する。
 しかし消費者は飽くことを知らない欲求を持っている。
 たとえば、半導体業界は年間40~50%のデフレに苦しんでいるが、総収入は過去半世紀の間、毎年17%も上昇してきた。
 経済が拡大していることを考えれば、デフレは心配には値しない。

※大学で経済学を学んでいた私としては、かなり興味深い思想。
 デフレを悪いものと見なしていないので、反リフレ派に近い。
 また、ラディカルな考え方であることを考えれば、
 おそらくミルトン・フリードマンのような新自由主義者と相性がよい。

-------------------------------------------------

人間の脳のコンピューティング能力(3章)
 多く見積もっても10の16乗(1秒間に1京回計算する)程度

 ※これは2012年にできた日本のスパコン京(けい)の演算能力
  (浮動小数点数演算を1秒間に1京回=10ペタフロップス)と同じ

人間の記憶容量
 10の13乗ビット。
 2018年ごろには、10の13乗ビットのメモリが1000ドルで買えるだろう。

 ※1ビット=0.125バイトなので10の12乗バイト(1テラバイト)ぐらい

特異点の期日
 2045年。1000ドルで買えるコンピューティングは1秒間で10の26乗回計算するようになる。
 これは人間の脳すべてに匹敵(84ページの図17参照)。

-----------------------------------------------

人間の脳はコンピュータとは違うのか?(4章)

・脳の回路はコンピュータよりも遅い

・しかし脳は超並列処理ができる。
 また、矛盾した考えも受け入れるため、多様なアイデアを生み出せる。

---------------------------------------------

GNR(5章)

 遺伝学(G)…情報と生物学の交差点
 ナノテクノロジー(N)…情報と物理世界の交差点
 ロボット(R)…強いAI(人間の知能を超える人工知能

----------------------------------------

さまざまな批判とその反論(8章)(個人的に気になった所だけメモ書きした)

Q技術が指数関数的に成長すると、途中で資源が枯渇する
A必要な資源もまた指数関数的に小さなものになるので大丈夫

Qハードウェアが指数関数的に進歩しているが、ソフトウェアは進歩するのに時間がかかる
Aたしかにソフトはハードよりは遅いが、それでも加速していることには変わりない

Qコンピュータは人間のようなアナログ処理ができない
A適用できる。そのうえどんな精度でもシミュレートできる。しかしその逆はできない。

Q哲学者のジョン・サールの「中国語の部屋」によると、コンピュータは従っているだけで理解していない
A同語反復にすぎない。コンピュータは理解力を持てないという結論を前提にしているから。
 たとえば、私は英語がわかるが、私の脳のどの神経細胞も英語を理解していない。

 ※https://ja.wikipedia.org/wiki/中国語の部屋