赤目無冠のぶろぐ

アニメ、将棋・麻雀、音楽(作曲、DTM、ベース)、思想など

帰ってきたニートの一日の作者。詳しくははじめにへ。

はま寿司のおすすめ

はま寿司(ゼンショーグループ)に行ったので、おすすめのお寿司をまとめておく。


↓基本情報↓
www.hamazushi.com


↑この記事の内容は「帰ってきたニートの一日」というマンガで確認することもできる。
 下手な絵だが、庶民的で微笑ましい内容なので、読んでみて欲しい。↑


※一皿100円(税抜)が基本だが、平日は一皿90円(税抜)。
 多くは2カン。これがこの店の大前提。


・サーモン系
  もともとサーモンはどこで食べても無難な寿司。
  山わさびやオニオンがついているものなら、味が誤魔化されるので、安くても満足できる。


・えんがわもみじおろし
  もみじおろしがついているので、美味。
  同じ値段なので、ただのえんがわよりもお得。
  寿司ネタ自体は平凡だが、薬味がしっかりしているので、食べられる。


・あじ
  光り物は安い。それゆえ、原価を考えてしまうと損なネタ。
  とはいえ、個人的には好みなのでおすすめしたい。


・活〆まだい
  この値段でタイを食べられるのだから、高く評価してよいと思う。
  コリコリとした食感がよい。白身魚の王様である。


・いくら
  高級ネタの王道。
  少し小さいが(かっぱで量を誤魔化しているようだが)、同じ値段(90円+税)なので、食べておきたい。
  軍艦巻きの王様。


ねぎとろ
  量が多い(気がする)。それでいてそれなりの味。
  「ねぎとろ」というメニューもあるが、量を考えるとこちらの方がよい。
  どうせほぼ同じ内容なのだから。
  主観だが、総じて、はま寿司は巻物のコスパがよい。
  ゆえに鉄火巻もおすすめできるメニューである。


カリフォルニアロール
  当初はアメリカのゲテモノと決めつけていたが、食わず嫌いだった。
  正統派の寿司ではないが、これはこれで立派な食べ物だ。
  とびっこ(?)の色が鮮やかで見た目もなかなか。


・1カンで90円(税抜)のフェアメニュー(期間限定のメニュー)
  高いが、その分、美味。ただし、最後に食べた方がよい。
  最初に食べてしまうと、通常の寿司を食べても満足できなくなるから。


~総評~
 はっきり言って、高級寿司には負ける。所詮はチェーンの味だ。
 しかし平日の一皿90円(税抜)は外食としてはそれなりのコスパと言えるだろう。
 期待しすぎるとガッカリするが、ダメもとで行くなら悪くない店。
 B級チェーン店としては星3つ。5つは出せないが、値段を考慮すると、並の内容は十分にある。