赤目無冠のぶろぐ

アニメ要約・批評、仮想通貨(ビットコイン、モナコイン)、将棋・麻雀、音楽(作曲、DTM、ベース)、思想など

帰ってきたニートの一日の作者。詳しくははじめにへ。

『IS 〈インフィニット・ストラトス〉』第12巻のまとめ

弓弦イズルによる『IS 〈インフィニット・ストラトス〉』第12巻
オーバーラップ文庫、2018年4月25日)のまとめ(要約・感想・レビュー・考察)


第零話「醒めやらぬ熱情」

・セシリアが一夏の夢を見る。セシリアのルームメイトは如月キサラ(山岳部、寝袋生活)。


第一話「第七王女(セブンス・プリンセス)、襲来」

・年末、織斑家で一夏が酒飲みの千冬・ラウラと年越しそばを食べる。
 新年、篠ノ之神社で振り袖姿のシャルロット、ラウラ、箒と初詣へ(箒のおみくじは大凶)。
 1月2日、セシリアと鈴の羽根突き。3日、楯無と簪の福笑い。目隠し~グーパンチ。

・3学期、東欧の小国、ルクーゼンブルク公国の第七王女(セブンス・プリンセス)が特別留学生として来日。
 (14歳 / 国家代表候補生、アイリス・トワイライト・ルクーゼンブルク / 鈴より小さいが傲岸不遜)

※千冬・束を含め数名しか知ることのない事実…ルクーゼンブルクの地下には巨大な洞窟がある。
  ISコアのもととなる時結晶(タイム・クリスタル)がとれるのはこの国だけ。(28頁)

・一夏が執事服を着て、第七王女の召使い(世話係)に
 (メイドのフローレンス / 近衛騎士団長(インペリアル・ナイト)、ジブリル・エミュレール)

・アイリスがメイドに拉致されるが、一夏に助けられる
 (着がえ、アリス、自転車、おんぶ、ざるそば / いつもの6人の尾行)

※65頁の「箒の瞳から赤い輝き」や「様子のおかしい箒」は第三話の伏線


第二話「美しき決闘者たち(ビューティフル・デュエリスト)」

・一夏を巡り鈴&箒とアイリス&ジブリルが対立(ジブリルのかつてのライバルは山田先生)

・一週間後の日曜、第三アリーナで鈴&箒がアイリス&ジブリルと戦う。
 最初は第四世代機に苦戦するが、途中で相手の遅さに気づき、勝利。

・鈴の父、劉楽音(りゅう・がくいん)が登場。いわく、離婚したのはガンで余命間近だから。
 その後、事情を知った鈴・鈴の母と大ゲンカし、鈴の母と再婚を約束。

・アイリス&ジブリルがIS学園に転入(山田先生の罰ゲームでジブリルがIS学園の制服を着る)

・アイリスが交際経験のないジブリルに男のオトシカタを尋ねる
 (アイリスは6人兄姉の末っ子で、両親は彼女が生まれてすぐに死亡)


第三話「紅く、煙(けぶ)る、雪月花」

・楯無が模擬戦を提案。強くなった一夏の『王理』vsシャルロットの『リィン=カーネイション』。
 (篝火(かがりび)ヒカルノ / セシリアと鈴のパフェ)

・アイリスのクッキー、勉強、千冬公認の一夏との添い寝(20歳のジブリルと意外に奔放な山田先生)

・一夏のギロチン刑の最中、大量の赤いIS量産機が箒を誘拐

・量産機の正体は量産型紅椿(あかつばき)『緋蜂(あけばち)』(11巻3話参照)で
 その出所は包帯を纏う篝火ヒカルノの倉持技研。
 犯人はその量産機を強奪した束。目的はオリジナルの紅椿と、箒。
 (一夏の瞳が金色(こんじき)に→ラウラやクロエの瞳? / 「紅椿事件」開始)

・箒の精神世界:砂浜でもう1人の箒、赤い双眸の『赤月(あかつき)』が箒を眠らせ、箒の代わりに出撃

・大量の『朱蜂(あけばち)』~ISの出力を制限する《コード・レッド》~アイリスとジブリルの参戦

・一夏が赤の少女(幼い日の箒)と戦い、勝利。
  少女いわく、私は世界で最初のIS『赤月』で、一夏を手に入れる代行者(オルタナティヴ)。
  すべてのISは操縦者の夢を具現化するために働く。

・箒の精神世界:箒がかつて自分の犯した罪を思い出し、自己嫌悪に陥る。
  かつて箒は強くなりたいと願い、IS『赤月』を使って、千冬のIS『暮桜』を損傷させた(※)。
  そしてその記憶は束の手によって封印されていた。
  IS『赤月』の能力は「すべてのISの弱体化」(ISの“王”の能力)。

※これが7巻3話174頁の「力に溺れた自分が引き起こした『事件』」か?

・『赤月』を脇に抱えた傷だらけの一夏が箒を慰める。「紅椿事件」終了。


第四話「日常回帰と、終わる世界」

・事件から二日後。楯無ナースの治療ナノマシン注射~ISなしの箒。
 一夏が異常な速度で回復し、アイリスに「こうやって回復したことは初めてじゃない」と言う。

・束が「IS『群咲(むらさき)』」「コード・ヴァイオレット」と言う

・地下で束が一夏に以下のような真実を明かし、「この、ばけものめ」と言う(傍に千冬)。

  千冬・一夏は究極の人類を創造するという織斑計画(プロジェクト・モザイカ)で誕生した人工物。
  千冬は第一成功例、織斑計画試作体1000番で、一夏はXY染色体を持つ(=男である)第二成功例。
  よって2人に両親などいない。
  計画のデータの一部はドイツへ(これがラウラの誕生に繋がる?)。

  人工物が勝てない自然の天才・束が見つけられたため、計画は途中で中止。
  しかし千冬・一夏と計画外の試作体(マドカ?)ができたため、権力者たちは困った。
  人類“以上”ではなく、人類“以外”を作ってしまったから。
  千冬は『おとうと』の一夏を選んだ。救われなかった『いもうと』(マドカ?)がいるとも知らずに。

・マドカがナイフで一夏を刺し、千冬が怒る。束が『この世の果てで、また会おう』と言う。
 (シャルロットが3巻で一夏に貰った銀のブレスレットのチェーンが切れたのを見て、「胸騒ぎがする」と言う)


あとがき
 次回、IS最終巻「遙か無限の彼方へと」でお会いしましょう!

『神戸事件を読む 酒鬼薔薇は本当に少年Aなのか?』の要約

熊谷(くまがい)英彦による『神戸事件を読む 酒鬼薔薇は本当に少年Aなのか?』
鹿砦社(ろくさいしゃ)、2001年)の要約・まとめ・考察・感想・レビュー


まえがき

・少年が無実である可能性はきわめて高い

・筆跡鑑定は判定不能で、ナイフにしろ、池の金ノコやハンマーにしろ、凶器と言えるものは何もない。
 少年の自供以外に証拠はない。


第一章 疑問

・金ノコの歯型を遺体の切断面と照合していない(少なくとも発表していない)

・市民団体『神戸事件の真相を究明する会』によると、少年の自供内容と報道内容とに食い違いがある。

 正門前に頭部が置かれた時間帯。自供では午前1~2時だが、報道では午前5時30分~6時40分。
 その間、何度も頭部が置き換えられているという証言あり。しかも不審人物を何人もの人が目撃している。

 少年は遺体をタンク山から動かしていないと供述したが、公開捜査では、遺体は見つからなかった。
 しかも少年はその捜索中に頭部を切断したと供述した。そんなことができるのか?

 マスコミは革マル派の戯言に過ぎないと一蹴したが、
 大事なことは政治的な立場や思想ではなく、事実か否か検証すること。

・矛盾点は南京錠の数や捨てた場所、糸ノコギリを金ノコギリに訂正したこと、頭部を隠した場所など。
 要するに、決定的な物証がない。ほとんどは少年の自供。


第二章 経緯

・少年には「懲役13年」のような難解な文章を書けない?

・少年A逮捕の発端は元同級生の証言

※元同級生は超重要人物。個人的には、こいつもかなり怪しい。


第三章 殺害

・淳君の靴の底に付着していた土砂とタンク山の土砂は合致しなかった(『毎日新聞』97年6月2日夕刊)。
 しかも5月24日の午後は雨。つまり靴に土砂が付着しやすい日。

 行方不明直後の捜索ではタンク山のアンテナ基地に遺体はなかった。

 しかし途中で殺害現場はタンク山という見解に。根拠は頭部の笹の葉と死斑が背中に集中していたこと。

 しかし少年は首を「かなり丁寧に洗った」と供述している。

 それに死斑が十分に固定化してから死体を動かしたとすれば、タンク山以外でも殺害できる。

 『神戸事件の真相を究明する会』が発行した2冊目のパンフレット『続神戸小学生惨殺事件の真相』によると、
 神戸大学医学部法医学教室の龍野嘉紹(たつのよしつぐ)は「死斑は淡紅色、通常よりも赤っぽい」と証言した。
 つまり通常の状態ではなく、一酸化炭素中毒や青酸中毒、凍死に近い状態。
 ↓
 死体を冷凍した?

・少年は馬乗りになって淳君の首を締め付けたと供述。しかし防御創はなかった。
 少年は犯行時、ナイフを使わなかった。しかし日頃の彼はナイフを持ち歩いていた。

・目撃証言は不審な黒い車、黒いごみ袋を持った中年男性。しかも時間は午前5~6時。


第四章 遺体

・少年が供述した胴体の位置と実際に発見された胴体の位置が異なる。
 捜索しても発見できなかった胴体は頭部が放置された当日に難なく見つかった。

・首の第二頸椎を切断したため、頭部を真っ直ぐ立てて置くのは困難
 (医者である被害者の父親を疑う声さえあった)


第五章 切断

・糸ノコなのか金ノコなのか曖昧

・少年はノコギリで南京錠を切断したと供述。しかし周囲に金属片はなかった。

・首の切断面は鋭く水平→金ノコでは困難→電動ノコの可能性あり

・冷凍すれば綺麗に切断できる。
 ゆえに凍死状態を示す赤い死斑があり(第三章)、頭髪がシャワーを浴びた直後のようにびっしょりと濡れていた。


第六章 遺留品

・遺留品から指紋は検出されなかった
 →犯人は手袋をはめ、切手をコーティングし、指紋が残りにくい感熱紙を使用→高度な犯罪

・第二挑戦状は幼女誘拐連続殺人事件の宮崎勤の犯行声明やゾディアックのメッセージに酷似

※「ぼくには国籍がない」→在日? 外国人?

・「本命」は犯人、「吊るされる」は死刑を示す警察用語
 →(あってはならないが)警察関係者が犯人?(『警察公論』97年8月号)
 →同じ兵庫県で起こったグリコ森永事件に酷似


第七章 真相

・挑戦状の投函場所:神戸西郵便局のアルバイトの証言あり。しかし少年は須磨北郵便局と供述。

・いくつものアリバイあり


~総評~

 はっきり冤罪と言い切れるかは分からないが、かなり怪しい事件なのは確かだ。
 ポイントは、目撃証言と違う点、決定的な物的証拠がない点、少年の供述内容が矛盾だらけである点。

 特に冷凍説は説得力がある。
 根拠は首の綺麗な切断面、凍死状態を示す赤い死斑、濡れていた頭髪。

 個人的には、元同級生の証言と「国籍がない」と書かれた挑戦状が気になる。


~番外編~

 少年による『絶歌』の103ページにも以下のような不可解な文が書かれている。

 「押収されたナイフから、被害者とは一致しない血液反応が出た」
 「他にも誰か刺したのではないかと訊かれたが、まったく身に覚えがない」
 「僕は自分か猫の血ではないかと答えた」

 ここでも物的証拠の不一致を確認できる。

googleで「私はロボットではありません」と表示される原因

google(グーグル)検索で
「私はロボットではありません」
「お使いのコンピュータネットワークから通常と異なるトラフィックが検出されました。
 このページは、リクエストがロボットではなく実際のユーザーによって送信されたことを確かめるものです。」
と表示される原因が判明した


おそらくcookie(クッキー)の「google.co.jp」のバグ。
(下に「Cookie: 3, チャンネル ID」とあるクッキー。3という数字は人によって違うかもしれない。)

問題がある場合、これを消すと解決した。
逆に正常な場合、これを消してしまうと「私はロボットではありません」というメッセージが再び出てくる。
あえてすべてのクッキーを削除して、何回も確認したので確実。


これですべてのクッキーを削除しなくても、この問題を解決できるようになると考えられる。


私の環境:windows7、ブラウザはchrome(クロム)

ヤマノススメのOVA、おもいでプレゼントのメモ書き

ヤマノススメOVA、おもいでプレゼントのメモ書き(まとめ、要約、レビュー、考察、感想)


※発売日:劇場版は2017年10月28日、通常版は2018年1月26日

※今までの内容はこのブログのカテゴリーのヤマノススメ
 http://akamemukan.hatenablog.com/archive/category/ヤマノススメ

wikipediahttps://ja.wikipedia.org/wiki/ヤマノススメ

※地名の詳細を知りたい場合はグーグルで「おもいでプレゼント 聖地」「ヤマノススメ 聖地」などと検索


Present1 夏 ここなの8/31

・あおいの回想(復習):1期は天覧山~高尾山、2期は三つ峠~富士山(あおいの挫折)~
  霧ヶ峰(あおいの母)~ひなたとの思い出の山・谷川岳(ほのか)

・カレンダー:8月1日は月曜、11日はここなの誕生日(2期20~23話参照)、16日は登校日、31日は母とお出かけ

・30日の夜、ここなの母が仕事で遊びに行けなくなったことをここなに告げ、謝罪(秩父さんぽ)

・31日の朝、一人ぼっちのここなが目覚め、朝食をとり、外出

・「飯能恵比寿大神」(神社)と猫

・ここなの回想(母と狛犬のように「わっはっはっは~」と言い合い、「ずっと一緒」と願う)
 「筆塚(ふでづか)」→加治神社の傍

・「飯能桜の森」「桜の眺望」→「第二天覧山

・「飯能市立図書館」、高2の斎藤楓と笹原ゆうか(2期15話参照)の受験勉強

・「飯能大通り商店街」~「シネマ小路(こうじ)」→「飯能松竹映画劇場」

・川(母との思い出の場所)~「ひかりはし」。迷子を助け、ハーブをもらう。

・「薬香草園 メディカルハーブガーデン」(母との思い出の場所)

・象の前であおい、ひなたと話す。
  あおいのバイト先のバームクーヘン(店長のスーさん、ひかり→2期18話参照)
  「(第二天覧山は)加治神社の向こう」

・風呂場で母が謝り、次の日曜日なら出かけられることを告げる。
 ここなが「秩父」の「サルスベリ」を見たがる。(ハーブはスペアミント


Present2 秋 ひなたの10/28

・あおいの部屋でひなたが「て」と書かれたどんぐりの飾りを見つける(編み物の件→2期5話参照、あおいの母)

・あおいとひなたがアルバムを見て、ひなたの引っ越しの際、2人で泣いたことを思い出す(米田君は隣のクラス)

・ひなたがどんぐりを見て何かを思い出しかける(入浴し、髪をおろす)。
 ひなたの父がアルバム内のいちょうをひなたに見せる(子どもの森公園→2期20話参照)。

・回想:ひなたが父にいちょうをプレゼント(ここな、ひなたの母)。引っ越しの日、どんぐりの飾りを交換。

・夜、ひなたが「て」ではなくひなたの「ひ」であることを思い出し、どんぐりの人形を捜すも見つからず

・翌日、ひなたが思い出の品をなくしてしまったため、悩む
 (アライ先生、あおい、楓(スパルタのゆうかの話)、ここな)

・回想:今年の春、ひなたが飯能に戻り、あおいに会う(夜の父との会話)

・翌朝、ひなたがあおいにどんぐりの人形をなくした件を明かし、謝る。
 そして一緒にどんぐりを拾う。


主題歌:おもいでクリエイターズ


総評:ほのぼのとした世界観を表現できている。飯能の魅力が分かる。2018年夏の3期に期待。

のび太と雲の王国から見えてくる核抑止力

今回はドラえもん のび太と雲の王国から見えてくる核抑止力について。

漫画、第5話「ニートの雲の王国」は以下(本記事はこの漫画の文を加筆・修正したもの)

しょうもない内容ですが、「帰ってきたニートの一日~第2期」もよろしく

今回はドラえもんの大長編映画のび太と雲の王国について語っておく。
実のところ、思想とエラそうに言えるほどの内容ではない。
しかしいろいろと考えさせられる内容だったので、書いておく。

どんな話かについては、あちこちで確認できるので、省略する。
検索してwikipediaなどを見るだけで、だいたいのことは分かる。
今は色んな方法で情報を入手できる。「ドラえもん 雲の王国」「雲の王国 あらすじ」などと検索するだけだ。

で、私が面白いと思ったのは物語の終盤。
具体的には、雲の上の天上人(てんじょうじん)が
自然環境を破壊し続ける地上人(我々人類)を嫌い、洪水で地上人の文明をなくそうとする(ノア計画)。

これに対し、ドラえもんが「雲もどしガス」という道具で相手を脅すことを決意し、
「もちろん、本当に使うつもりはないよ。でも天上人と対等に話し合うにはこれしかない。」と言う。

ここが興味深いところ。
というのも、ここでドラえもんは相手と対等に交渉するためには
相手と同じような「力」を持つしかないと考えているから。
これは現実社会で問題になっている「核抑止力」とほぼ同じ発想である。

気になってグーグルで「雲の王国 抑止力」と検索してみたところ、
私と同じような意見がたくさん出てきた。
(特にtogetterのドラえもん のび太と雲の王国と抑止力が有名
 https://togetter.com/li/1103698

(これは前から思っていたことなのだが)ドラえもんは追いつめられると手段を選ばない怖いところがあって、
そのへんは案外、毒がある。この話もその典型だと思う。
原作の漫画だと「力には力だ」というセリフがあって、その毒がより強調されている。

最初は子供向けの左翼的な作風だろうと思ってのんびり見ていたので、終盤のこのシーンはシュールだった。

まるでアメリカのトランプ大統領のような保守派のゴリ押しが急に出てきたかのようである。
冷戦時の米ソ対立に近い。今だと北朝鮮の問題をほうふつとさせる内容。

こうしてみると、ドラえもんは大人になってから見ても楽しめるし、考えさせられるところがある。
案外、奥が深い。そう思って、今回、ちょっと語ってみた。

断っておくが、私は別に核抑止力が全面的に正しいものだとは思っていない。
これは止めを得ず使う力である。

作中でも悪人に道具を悪用されそうになり、困っていた。
その点ではデメリットもきちんと説明されていたし、最終的には対話によって解決した。
したがって左翼的な面もあったし、そもそも政治的な右派、左派の是非は本文における本筋ではない。

とにかくポイントは核抑止力の長所と短所を子供でも分かるように描けているところ。
私はそれがすべてだと思う。

togetterのまとめでも述べられていたが、
政治的なイデオロギーなど、ぶっちゃけた話、どうでもいい。
最後にどう考えるかは本人である。それに下手に押しつけても反発されるだけだ。

エンタメや物語は別に政治の道具でもないし、政治問題をいきなり綺麗に解決できるものでもない。
ただ、いかに世相を上手に描写して皮肉ることができるか
――作り手はそれだけを考えるべきだと思う。

これが今回の結論。
作者の藤子F氏はひたすら世相を描写するという姿勢に徹していた。


簡単なまとめ:

 ・雲の王国は核抑止力の長所と短所を子供でも分かるように描写できている

 ・作り手は世相を描写し皮肉ることだけに徹するべきであり、
  政治的な是非を中途半端に述べるのはかえって陳腐だと思う