赤目無冠のぶろぐ

アニメ、将棋・麻雀、音楽(作曲、DTM、ベース)、思想など

fc2のぶろぐからやって来た男。詳しくははじめにへ。

競馬で本命印(◎)の多い馬が売れ過ぎる仕組み

なぜ競馬では本命印(◎)が売れ過ぎるのか?
その仕組みについて例を挙げながら説明する。

例:

有名な予想屋Aが内枠がよいと考え、1番の馬を本命にした。
そして有名な予想屋Bも内枠がよいと考え、1番を本命にした。
さらに有名な予想屋Cも内枠がよいと考え、1番を本命にした。

この場合、新聞などには1番の馬に本命印(◎)が3つも打たれることになる。

すると大衆は「有名な予想屋3人が同じ1番の馬を本命にしているのだから、
1番はかなり高い確率で勝てるはずだ」と判断する。

しかし、よくよく考えてみると、この3人は同じ理由で1番の馬を本命にしているだけである。
別に3人が同じ馬を本命にしたからといって、その馬が好走する確率が3倍になるわけではない。
勝てる理由がいくつもあるのなら、好走率が高まると考えられるが、
偶然、同じ理由で同じ馬を選んでいるだけなので、確率はまったく変わっていない。

にもかかわらず、上記のように本命印(◎)を過信してしまう客がいるので、
オッズは好走する確率以上に下がってしまう。

このような形で本命印(◎)が売れ過ぎてしまう。


対策:

では、どうすればよいのか。
当たり前ではあるが、印を鵜呑みにしないこと(実は自分で考えた方が回収率は上がる)。

また、仮に印に従うにしても、なぜその予想屋は◎という結論に至ったのか、
その過程や理由をよく考えることが大切である。
別に◎の数が多いからといってその馬の勝つ確率が2倍や3倍になるわけではない。
むしろ上の例で示したようなことが多いため、
過剰人気になる割に確率が上がらないことが多い。

最近、気づいたのだが、
実は人気が割れていて、予想屋の◎が1個しかない高配当の馬の方が回収率を上げやすい。
何故なら競馬は展開しだいで何でもありだから。
ゆえに、1つでも勝てる理由がある馬は、うまくいった時に突然、激走するのである。
それでいてオッズが高いのだから期待値は自然に高くなる。

klanというサイトで単勝の回収率が100%を超えている者は、
みんなそういった高配当を最低でも1回は当てている。
つまり人と同じような買い方を真似するよりも、むしろ自分しか考えないような買い方を徹底した方がよいわけだ。


まとめ:

信念(理由)が1つでもあるなら、高いオッズの馬がお得。
回収率の高い人たちは必ずそういう所で稼いでいる。

逆に信念(理由)がいくつ集まろうが、オッズが低いなら損(高いなら有力だが)。
いくらよい条件を重ねても、ある程度までいくと確率は変わらないという当たり前の事実に、気づくべきである。

競馬の勝ち方~単純で深い答え

競馬で必ず勝つ馬を見つけることはできない。

なぜなら競馬に絶対はないから。
競馬は条件が毎回違うから。
そもそも出走している時点で、すべての馬にチャンスがあると言えるから。
(本当に見込みがないなら出走回避する)

しかし過小(大)評価されている馬を見つけることはできる。
多くのファンは前走着順などのような馬の表層的な情報だけで判断してしまうから。

結局、競馬のコツは馬を見ることではなく、
オッズを作っている人の心理を見抜くことだ。
あとはその人たちが間違って選んだ人気馬が外れることを祈るだけなのである。

以上は長年勝っている人だけが理解できる内容であろう。

将棋の藤井聡太27連勝、あと1勝で歴代1位タイ

将棋の藤井聡太四段(14歳)が公式戦で27連勝した。
マチュア棋士を破ったようだ。

あと1回勝てば、かつて神谷広志八段が達成した歴代1位の28連勝に並ぶ。

次は6月21日(水)の王将戦一次予選。
相手は澤田真吾六段。面白い対局になりそうだ。

グーグルのトレンドで検索してみたところ、
藤井くんに関する記事のアクセス数が激増している。
2ch名人というブログで紹介されているだけなので、
たいして注目されていないのかと思ったが、そうでもないらしい。
たくさんの人が藤井くんを応援していると分かった。
次の対局が楽しみである。

「かっぱ寿司に行ってみた」という記事が話題に

かっぱ寿司が食べ放題を開始したらしい。
その影響で「かっぱ寿司に行ってみた」というような記事が話題になっているようだ。
ロケットニュースなどの記事を見るとそれがよく分かる。

大盛況なので、中途半端な覚悟でいま行っても入れない状態のようだ。
ロケットニュースの画像によると、
「お客様各位 本日は御予約人数が上限に達した為、受付は終了致します」
「本日の食べ放題予約は終了致しました」
という店長によるメモ書きが出ているほどの混雑ぶりらしい。

しばらくは混雑しそうなので、ある程度、余裕をもって食べに行くことを推奨したい。

なお、食べ放題を実施していない店がある。
そのあたりに注意したい。
詳しいことはグーグルなどで「かっぱ寿司」と検索して、
公式ページを熟読した方がよいだろう。
その方が確実である。

東京の近くなら、「北新横浜店」に行くのが最善。
しかしアクセスしやすい分だけ、人が多いことにも注意したい。

男性1580円(税抜)なので、一皿100円だと仮定すると、
20皿程度は食べたいところ。

こんなしょうもない記事でも読んでもらえるのだろうか。
よく分からないが、とにかく書いてみたので、試験的に公開してみることにする。

追記:
 さっそくブックマークあり。
 やはり身近で話題性のある記事は、内容が貧弱でも、伸びる傾向がある。

『みなみけ』第16巻のまとめ

桜場コハルによる『みなみけ』第16巻(講談社、2017年6月)のまとめ(要約・考察・感想・レビュー)


・表紙:夏奈(アジサイ・傘・長靴)

・裏表紙:★Kindleなので分からない。いずれ近場の本屋などに行って確認する予定。

・最初のカラーページ:歯を磨く三姉妹 / パンを運ぶ内田とそのパンを取る夏奈(292話参照)

・登場人物の紹介の変更:保坂。→(新キャラ)リンちゃん。(301, 302話参照) / (タケル)おじさん。→吉野。


・第289話「釣れた」
  海でマコちゃん達が釣りをする話。
  流れは「3人ともエサが気持ち悪くてさわれない」→「(糸がからまるから)近づくな」
  →「こわくて魚にさわれない」→皆の世話をしていたため、マコちゃんだけ釣れず→「釣りヘタ」「釣りは忍耐」。
  夏奈・千秋・マコちゃん・内田・吉野・(ふじおか)が登場。

・第290話「例えば」
  大トロと霜降りのお肉、大きな公園→例えば東京ドームの3分の1→ピザ、
  動物園のゾウ→チアキ100人分、モモンガとムササビ、UFO。
  夏奈・(千秋)・ケイコ・リコ・ミユキが登場。

・第291話「世間話を」
  ナツキがもう一つの南家にうかがうために、気の利いた世間話を考える話。
  世間話は天気~気温~パン屋~和菓子屋
  春香・ナツキ・冬馬・ハルオ・アキラが登場。

・第292話「おつかいに行く」
  おつかいに行く話。当初は内田だけが行くはずだったが、結局は皆で行くことになる。
  パン、たまごサンドとハムサンド、おにぎりやラーメンなど。
  夏奈・千秋・内田・ふじおかが登場。

・第293話「登りたい」
  登山が雨で中止になったため、千秋が何かに登りたがる話(彼女は絶景を見ながらやまびこを楽しみたい)。
  千秋が机に乗り、皆の「朝日」という習字を壁に貼り、高所から「満足できるかー」と叫ぶのがオチ。
  春香・夏奈・千秋・内田・吉野・マコト・ふじおかが登場。

・第294話「何があったの」
  何があったか言わ(え)ない話。マコトの居眠り、千秋の保健室での寝言、プリンなど。
  千秋・冬馬・マコト・内田・吉野・熊田先生が登場。

・第295話「誕生会」
  サユリの誕生会の練習をする話。本人に普通の誕生会を望まれるのがオチ。
  司会の内田、友人代表の挨拶をする吉野、にぎやかしの千秋、サユリ役(主役代理)の夏奈など。
  夏奈・千秋・(冬馬)・内田・吉野が登場。

・第296話「繰り返す奴」
  リアクションが欲しくて同じ話を繰り返す話。春香がまたそうめんにしようとするのがオチ。
  可愛いと自画自賛するヒトミ、唐突パーンチなど。
  春香・夏奈・千秋・ヒトミが登場。

・第297話「夏の目標」
  夏の目標を決める話。春香の案で、千秋が育てた野菜を夏奈が料理して、美味しく食べることになるのがオチ。
  ケイコ:本を1日1冊読む(やせる)、冬馬:自転車で遠くに行く。
  春香・夏奈・千秋・冬馬・ケイコが登場。

・第298話「手紙で伝える」
  藤岡が手紙で夏奈に「さっきはゴメン」と伝えようとする話。「それだけか!つまんない!」と言われるのがオチ。
  図書館、「肩に糸くず」、手裏剣~忍者~ゴミ箱、スパイなど。
  夏奈・藤岡・ミユキ・リコ・ケイコが登場。

・第299話「夏の終わり」
  夏を終わらせられない話。マコトらの宿題が終わっていないのがオチ。
  ランドセル、ナシ、虫とり、盆踊りなど。
  春香・夏奈・千秋・冬馬・マコちゃん(マコト)・内田が登場。

・第300話「嵐が来る」
  嵐に備える話。嵐がいつの間にか過ぎ去るのがオチ。
  おにぎり、停電、お菓子、目隠しして牛乳を取ろうとして外に出る夏奈など。
  春香・夏奈・千秋・内田・吉野が登場。

・第301話「ご近所さん」
  夏奈と千秋のどちらが正しい(悪い)か近所のリンちゃんに決めてもらう話。
  おやつに呼ばれるのがオチ。騒音、ケーキなど。
  春香・夏奈・千秋・リンが登場。

・第302話「こってり」
  リンちゃんを食事に招待する話。リンちゃんが太ってしまうのがオチ。
  調味料の貸し借り、さっぱり系(夏奈の希望)ではなくこってり系、多数決、からあげなど。
  春香・夏奈・千秋・リンが登場。

・第303話「調子がいい」
  マコトが調子に乗る話。千秋が「絶好調」と言うマコトに「バカ野郎」とツッコむのがオチ。
  内田のテストの点、千秋の走り、マコトをおだてる吉野など。
  千秋・マコト・内田・吉野・シュウイチ?が登場。

・第304話「かくれんぼ」
  かくれんぼする話。藤岡が夏奈のハンカチの匂いで警察犬のように彼女を見つけるのがオチ。
  ハンカチ、鬼、真剣な夏奈、跳び箱、夏奈の髪型にしたリコ、リコの髪型にした夏奈など
  夏奈・藤岡・ミユキ・ケイコ・アキラ・リコが登場。

・第305話「褒めていいぞ」
  冬馬が木から降りられなくなった猫を助け、「褒めていいぞ」と言う話。
  ナツキもその猫を助けて「褒めろ」と言うのがオチ。自然の摂理、木登り、「なつかれたら」など。
  千秋・冬馬・ナツキ・アキラ・内田・吉野が登場。

※最後のページは料理人の格好でパンを作る春香?


総評:

・熊田先生が久しぶりに登場(13巻244話以来の登場)

・保坂・速水・マキ・アツコが登場しない(→総じて高校生が少ない)

・新キャラのリンちゃんが登場(301, 302話)

・話がマンネリ化してきた。ちょっと飽きてきた。