赤目無冠のぶろぐ

アニメ、将棋・麻雀、音楽(作曲、DTM、ベース)、思想など

fc2のぶろぐからやって来た男。詳しくははじめにへ。

『デート・ア・ライブ 第8巻 七罪サーチ』の要約

【第8巻 七罪サーチ】

[序章 もう一人の士道(ドッペルゲンガー)]

・士道が士道に扮した七罪(なつみ)に出会う

[第一章 一〇月の魔女(ハロウィーン)]

・琴里(*1)、フラクシナス内で、士道とイチャつく美九に、琴里と美九を精霊にしたファントムについて尋ねる。
 その後、魔術処理で寿命が縮まっても狂三を追い続ける元DEM社の真那と話し、
 エリオット・ウッドマン(5巻終章参照)の秘書から連絡を受ける。

  *1…「美九に与えられた紫色の霊結晶(セフィラ)」

・10月15日、日曜日、士道と十香が、車椅子に座っているボールドウィン(*1)とそれを押すカレン(*2)に出会う

  *1…エリオット・ボールドウィン・ウッドマン。ラタトスクの創始者。

  *2…士道によると、どこかで見たことがある女

・空間震が発生。士道、第7の精霊・七罪(なつみ)・ウィッチに出会う。
 七罪、箒のハニエルでASTを他のものに変え、自分の本来の姿を見た士道を恨む。

[第二章 一二枚の写真(サスペクト)]

・10月16日、月曜日、士道に扮した七罪が、
 十香・山吹亜衣(*1)・葉桜麻衣・藤袴美衣・八舞姉妹(スク水)・担任の岡峰珠恵・殿町にセクハラ。
 (謹慎中になっている折紙だけは自らセクハラを要求)
 しかし十香と折紙が本物の士道と偽物の士道(=七罪)の違いをあっさり見抜く。
 
  *1…亜衣は岸和田が好き(p.65, 196)

・DEM社の若手のマードックらが、アイザック・ウェストコット(*1)の横暴を批判し、彼を解任しようとする。
 しかしエレンに腕を切り落とされ、ラッセル議長に棄却されてしまう。
 
  *1…ウェストコットはプリンセスの反転を喜んでいる。また、DEM社に興味はない模様。

・10月21日、土曜日、七罪が士道に12枚の写真(*1)を送り、この中の誰が自分か誰もいなくなる前に当てるよう要求する。

  *1…十香・折紙・琴里・四糸乃・耶倶矢・夕弦・美九・亜衣・麻衣・美衣・岡峰珠恵・殿町の12人

[第三章 午前零時(デリート)]

・10月22日、士道が4人とデートする(七罪を見つけるために12人全員とデートすることに)。
 少ししか料理を食べない十香→ハロウィンの仮装で来た四糸乃と「よしのん」
 →サウナの殿町→耶倶矢のことを話す夕弦、という順番。

・10月23日、七罪のハニエルによって、夕弦が消える(七罪を当てないと一人ずつ消えていく仕組み)

[第四章 容疑者指名(ハイリスク)]

・士道、引き続き5人とデートする。
 リボンの色で変わる琴里→ボウリングをしながらも夕弦を気にかけるゴシックパンクスタイルの耶倶矢
 →手紙で呼び出した亜衣とついてきた麻衣・美衣、という順番。

・10月24日、指名した四糸乃が消え、亜衣も消える

・士道、引き続き3人とデートする。
 コスプレをする美九→進路指導室の岡峰珠恵→士道のことなら何でも知っている映画館の折紙、という順番。

・10月25日、十香が消える

[第五章 魔女の業(ウィッチクラフト)]

ラタトスク内のウッドマン、捕らえたジェームス・A・パディントン(*1)を通じて、30年ぶりにDEMのウェストコットと話す。
 カレン・N(ノーラ)・メイザース(*2)、姉との対決を覚悟。
 ウェストコット、エレンに彼女の身体を傷つけた魔術師(折紙?)の補充を要請。

  *1…DEMの空中艦〈アルバテル〉の艦長。5巻参照。

  *2…会話から察するに、彼女の姉はエレン。

・26日、指名した岡峰珠恵と、殿町が消える。27日、指名した麻衣と、美衣が消える。

・夜、ラタトスク内に士道・琴里・折紙・耶倶矢・美九が集結。
 士道、美九の髪飾りを見て、七罪が「よしのん」だと見抜く。消された仲間を取り戻す。
 七罪、自分が本当は小さな少女であることを知られてしまい激高。ハニエルで周りの者を幼女にしてしまう。