赤目無冠のぶろぐ

アニメ、将棋・麻雀、音楽(作曲、DTM、ベース)、思想など

fc2のぶろぐからやって来た男。詳しくははじめにへ。

穴馬は複勝よりも単勝や馬連の方が得

10番人気以下の穴馬は複勝よりも単勝馬連の方が明らかにお得。
その理由を具体例を挙げながら説明していく。


具体例1:2016年9月18日、阪神11R、第34回関西TVローズS

1位:7(シンハライト)、2位:1(クロコスミア)、3位:3(カイザーバル)

1の単勝は77.6倍もあったが、複勝はたった8.8倍だった。

通常、平均すると単勝オッズは複勝オッズの3倍になる。
単勝は正解が1つしかないが、複勝は正解が3つあるから。
たとえば18頭ですべての馬の強さが同じなら、単勝の確率は1/18で複勝の確率は3/18。
オッズは、控除率を無視すると、この確率の逆数なので、単勝18倍で複勝6倍。よって18÷6=3。

この仮説に基づいて考えると、1の複勝オッズ8.8倍は明らかに安すぎる。単勝の9分の1ぐらいしかないのだから。
逆に単勝複勝の約9倍もあるため、お買い得。

同様に、馬連の1-7も74.3倍もついているのでお得。

通常、馬連オッズはそれぞれの単勝オッズを掛け算して2で割れば近い値を出せる。
N頭だとすると単勝オッズ(通り数)はNで、馬連オッズ(通り数)はN×(N-1)÷2だから。
N≒N-1とアバウトに考えれば、馬連オッズ(通り数)はN×N÷2。
(厳密には控除率などの様々な誤差があるが、だいたいの値はこれだけで出せる)

この仮説に基づいて考えると、7の単勝オッズが1.6倍、1の単勝オッズが77.6倍なので、
馬連オッズは1.6×77.6÷2≒62倍ぐらいになる。
しかし実際には74.3倍なのでお得。

しかもこのレースは少し詳しければ、7のシンハライトが圧倒的だと分かるので(低いオッズだけでも理解できる)、
1のクロコスミアさえ読めれば、誰でも7を相手にすることを最初に考える。
ゆえに1さえ読めれば馬連も自然に当たる。

こういう場合はビビッて複勝を買わないで、思い切って1の単勝馬連を狙った方がよい。
結果としては2着だが、ハナ差の内容を考えれば1着でも不思議ではなかったし、馬連はとれている。


具体例2:2016年4月23日、福島11R、第13回福島牝馬ステークス

1位:8(マコトブリジャール)、2位:16(シャルール)、3位:6(オツウ)

8の単勝は53.1倍もあったが、複勝は8.2倍しかつかなかった。

これも先ほどの単勝オッズは複勝オッズの3倍という原則に気づけば、思い切って単勝を買った方がよいと理解できる。
特に2着がダントツの1番人気の時にこういうオッズ構成になりやすい。
1番人気が絡むと複勝オッズはあまりつかない。

同様に、馬連の111.3倍も狙いたいオッズ。
8の単勝オッズが53.1倍、16の単勝オッズが2.8倍なので、馬連は53.1×2.8÷2≒74倍。
しかし実際には111.3倍もついているのでお得。

これもビビッて複勝を買わないで、思い切って単勝馬連を狙った方がよい。

このレースはこうした期待値の考察に、
スローペースの可能性、騎手の能力(堅実な北村、ムラのある横山)、大外にいる人気馬のリスク
などを加味すれば簡単にとれるレースだった。
年に数回しかないお得なレースだった。
スローペースなら6も残ることになるので、3連単さえ狙えたかもしれない。

とあるシリーズのヤシの実サイダーは、立川に行かなくても、秋葉原のコトブキヤで買える

とあるシリーズのヤシの実サイダーは、わざわざ立川に行かなくても、秋葉原コトブキヤの1階で買える(2016年9月現在)。

f:id:akamemukan:20160920030046j:plain

味は炭酸のパインジュースといったところでごく普通。果汁1%。トーヨービバレッジによる飲み物。

f:id:akamemukan:20160920030129j:plain

御坂美琴の缶が少なくて探すのに苦労した。人気があるのかもしれない。

※パッケージは3年目(2016年4月以降)のもの。昔のパッケージは入手できない模様。

※「とある一方通行の珈琲無糖(ブラックコーヒー)」も入手可

『みなみけ』第15巻のまとめ・要約

桜場コハルによる『みなみけ』第15巻(講談社、2016年8月)のまとめ


・表紙:春香と冬馬

・裏表紙:恵方巻き(第285話参照)

・最初のカラーページ:千秋、保坂、パスタ(第286話参照)


・第272話「期待してる」
  普通のものなのに期待してしまう話。
  春香による普通のそうめん、千秋が見た体育館の裏にいるごく普通のネコ(→化け物)、夏奈の普通の話など。
  春香・夏奈・千秋・内田・吉野・マコトが登場。

・第273話「かっこいい」
  保坂が春香にとってかっこいい人を目指す話。
  野球部、サッカー部、一つのことに夢中になっている人、「深すぎてわかんねぇ」など。
  保坂・速水・春香・ナツキ・ヒトミ・アツコが登場。

・第274話「ちゃんと寝よう」
  千秋が皆を寝かせる話。「プールで耳に水」がオチ。
  夏奈・千秋・藤岡・ヒトミ・内田・冬馬・ふじおかが登場。

・第275話「世界を救う」
  マコトが映画を巡る争いを止めることでこの小さな世界を救う話。
  (映画が)面白かった内田、つまらなかった冬馬、
  まだ観ていないのでネタバレされたくない千秋、エンドロールの後を言いそうになるマコトなど。
  千秋・冬馬・内田・マコト・吉野が登場。

・第276話「美味しいよ」
  千秋が内田に美味しいの一言で済まさないよう要求する話。
  映画のポップコーン、春香のおはぎ、子どもの感想、「逆に言うと?」など。
  春香・夏奈・千秋・冬馬・内田・吉野が登場。

・第277話「どちらかと言えば」
  どちらかを選ぶ話。犬か猫か、ごはんかパンか、1時間か2時間か、許すか許さないか、など。
  夏奈・リコ・ケイコ・ミユキ・藤岡が登場。

・第278話「忘れずに」
  冬馬が三角定規を忘れずに持っていくために千秋に三角定規と書かせる話。
  運動会、習字、内田の(バトンを)「落とさない」など。
  夏奈・千秋・冬馬・マコト・内田が登場。

・第279話「アルバム」
  千秋が3年前の夏奈の写真を見て対抗する話。
  身長、牛乳、公「園」の下、スケボー、にんじんなど。
  春香・夏奈・千秋・内田・吉野・ふじおかが登場。

・第280話「通さない」
  千秋が冬馬に後押しされてアスレチックのターザンロープに挑戦する話。
  春香・夏奈・千秋・冬馬・内田・吉野が登場。

・第281話「ほめられること」
  夏奈がほめられることをしようとする話。黒板、晩ごはんなど。
  春香・夏奈・千秋・リコ・ケイコ・ミユキが登場。

・第282話「すくすくと」
  ナツキがトウマとアキラの成長を認める話。
  マンガ、夜更かし、ゲンコツ、ゲームなど。
  千秋・冬馬・ナツキ・アキラ・内田・吉野・マコトが登場。

・第283話「誰なんだ?」
  皆が誰なのか悩む話。
  サンタ、トナカイ、にんじん、洞察力、クリスマス、デート、雪合戦、電話していた男など。
  夏奈・千秋・藤岡が登場。

・第284話「何が出る?」
  コタツから出なくても福袋から欲しいものが出てくる話。
  ペン、リモコンの電池、ミカン、ぬいぐるみのふじおか、タケルおじさんの外食など。
  春香・夏奈・千秋・タケルおじさん・ふじおかが登場。

・第285話「いますぐ もうすぐ」
  バレンタインと恵方巻きの話。
  春香・夏奈・千秋・内田が登場。

・第286話「カゼひいた?」
  誰かの噂でくしゃみをする話。保坂のイタリアのパスタなど。
  春香・夏奈・千秋・保坂・速水・アツコ・マキ・ケイコ・藤岡・内田・吉野が登場。

・第287話「食べごろ」
  夏奈のチャーハンの食べごろをのがす話。写真、雨、宅配便、カップラーメンなど。
  春香・夏奈・千秋が登場。

・第288話「ひいてない」
  マコトが風邪をひいていないと千秋に言い張る話。
  マスク、ドッジボール、見学、天使と悪魔など。
  千秋・マコト・内田・吉野が登場。

※最後のページは名探偵ホームズの夏奈とワトソンの千秋とふじおか

ツイッターの冷笑系逆張り言説は就職氷河期(経済問題)と管理教育(教育問題)で説明できる?

※以下はツイッターで述べたことをまとめたもの


2ちゃんねらーによると、ツイッターのdada(yuuraku)やeternalwindによる冷笑系逆張り言説は、
80年代の「管理教育」への怨念が関連している。
それに「就職氷河期(*)」という雇用情勢が追加されるため、ますます歪んでしまうらしい。
東浩紀さんを叩くしんかい(山川賢一)さんもそのあたりの世代。

*…wikipediaの就職氷河期によると、就職氷河期は1993~2005年。1971年~1982年生まれ。


以下の2つのカギカッコは2ちゃんねるの797と804を修正したもの。ここから私のツイートが生まれた。

「ダダのあの冷笑逆張り言説は、80年代頃の管理教育を始めとした、
 若者に対する大人社会の管理主義に内心反発しながらも結局は逆らえず、
 なんだかんだで内面化してやってきた、その過程で各方面に対して抱え込んだルサンチマンをこじらせ続けた結果。
 たしかダダって正にあの辺の世代だろ。

 今と違って彼がまだリベラルっぽいことを頻繁に呟いてた時代を知ってるけど、
 その当時から、こと教育に関する発言は普段のリベラルっぽさからは想像できないくらい抑圧的なものが多かった。
 20年くらい前の生徒指導の暴力教師みたいな感じ、というか。」

伊藤剛もそんな感じ(管理教育が社会問題になった愛知の人だし)。鬱屈したものはすごくありそう。
 
 割とまじめな話として、管理教育の旗振りやってた連中は今の学校・教師バッシングの責任取れよと思っている。
 団塊ジュニアから少し下くらいのこじらせメンタリティについては就職氷河期や小泉は
 よく言われるけど、多分教育の反動も相当あるだろ」


(因みにeternalwindのツイートも管理教育に対する憎悪が多い。
 日頃は保守的でフェミニズムなどのような左派を叩くが、暴力的な教育には強く反応し、拒絶する。
 それだけ底辺の教育環境が酷いのだろう。)


このように「管理教育」、「就職氷河期」という条件に、「下の者で上の者(金持ちや高学歴)を憎悪している」という条件を追加すれば、
「yuurakuと不愉快な仲間たち」が完成する。


思想家・東浩紀への怨念などで話題になったしんかい(山川賢一)さんもツイッターで以下のようなことを述べている。

「ぼくはオタクというほどアニメマンガ好きではないが、オタク叩きは腹が立つ。
 若い頃のぼくは就職氷河期で仕事も決まらず未来も見えず絶望していたが、
 当時メディアにはニート・ひきこもりの増加などといって若者にその責任を負わせるような論調が跋扈していた。
 それらへの憎しみがぼくの原点の一つだ。」

「ぼくがある種の批評家を憎むのも、彼らが若者の内面の変化を誇張して経済的苦境を軽視したからだし、
 オタク文化の読解にこだわるのも、若者たちの先行世代に劣らない文化的豊穣さを示したいからだ。」

「オタク文化にレッテルを貼って見下す連中を見ていると、ニートやひきこもりを若者に貼るレッテルとして濫用
 していた連中のことを思い出す。これがぼくの怨念の正体だよ。これまではっきりと述べたことはあまりなかったが。」

これが彼の原動力である。
とすると、具体的な哲学や思想は実はどうでもよくて、多くは「就職氷河期」という明確な経済問題に収束する。


しばしば世代論の妥当性が議論になるが、それはその世代がどのような教育を受け、どのような就職をしたかを示している。
よって、「若者はこう考える」といった思想や哲学を装った詐欺まがいの偏見など何の役に立たない。
目の前の物質的に示せる経済情勢のみを淡々と見るべき。
おそらくこのような主張が彼らの心の中にある。


この主張は一理あると思う。
それになまじ、彼らの上の世代がバブル真っ盛りで氷河期世代とはまったく違ったわけだ。
しかもそんなのが直属の上司になってエラそうにしていたりする。
それでますます怨念が蓄積されてしまう。


しかし、逆に私のような86(ハチロク)世代以降(*)になるとそういう怨念はない。
それは一つは就職氷河期が(一時的とはいえ)去ったから。
また、バブル世代が親ぐらい離れているから直接的な抑圧がない。
それにそのバブル世代が将来を楽観したおかげで我々が生まれることができたのもあるため、あまり文句を言えないのもある。

*…ただし、ハチロク世代以降も2007~09年のリーマンショックを経験しているため、その一部は決して安定的ではない。
  とはいえ、それでも氷河期世代の失敗を見て事前に対策できる点では、被害が少ない。
  長男よりも長男の失敗を見て育つ次男や三男の方が精神的に強いのと同じ理屈である。


要するに酷い管理教育を受け、経済問題に翻弄された中途半端な氷河期世代だけが割を食っている。
バブル世代とハチロク世代以降は山だが、その間は谷になっている。
ツイッター界隈の30~40代の怨念はこれで説明できると思う。
「何か価値観が合わない」、「何に怒っているの?」という素朴な疑問が自分の中で少しだけ解決した。

『新世紀エヴァンゲリオン 碇シンジ育成計画』第18巻(最終巻)のまとめ

高橋脩による『新世紀エヴァンゲリオン 碇シンジ育成計画』第18巻(最終巻)のまとめ

第18巻(2016年5月)…表紙は全員

EXTRA STAGE.1…アスカのダイエット。オチはミサトが壊した体重計。

EXTRA STAGE.2…アスカに英語の宿題を教えてもらう話

STAGE.104…ミサトと加持の結婚疑惑。オチは結婚指輪ならぬ借金のカタ。

STAGE.105…何か(E計画?)を企むゲンドウ達。その阻止を企むゼーレ。(ケンスケの写真など)

STAGE.106…レイの実験の開始

STAGE.107…レイのシンクロ率が急上昇し、MAGIに実験の中止を拒否される。
    黒幕は赤木ナオコ(リツコの母)とゼーレ。

STAGE.108…シンジとアスカがレイの意識(仮想空間)に入って彼女を助けることに。
    探索中、シンジが子供の頃のレイ(と自身)を見て、ずっと前に彼女と会っていたことに気づく。
    そこにゼーレが来て、レイを助ける代わりにMAGIを要求。
    結局、アスカがシンジを誘惑することで、レイの目を覚まさせる。

STAGE.109…レイが記憶喪失に。思い出すきっかけを作るために家へ。

STAGE.110…日曜日の学校へ。
    シンジがレイに誕生日に貰った「なんでもひとつお願いをきく券」を見せ(第14巻のSTAGE.84を参照)、
    またこれから一緒に思い出を作っていくことを願う。
    それを聞いたレイがすべてを思い出す。
    そしてゲンドウが困惑するゼーレの居場所を突き止め、ゼーレの企みを阻止する。

LAST STAGE.…レイの希望(p.45)通り、皆で遊園地へ(マナ、コーヒーカップなど)。
    途中で大人たちも来て、花見へ。
    翌日。いつも通りの日常が始まる。
    結局、シンジ・レイ・アスカの恋の行方はどっちつかずのまま終了。

あとがき…連載が始まったのが2005年なので11年間も描き続けた

※帯によると、累計380万部

----------

~感想~

 というわけで、シンジ・レイ・アスカの恋の行方はどっちつかず。
 どちらか片方と結ばれる話にすると、もう片方が不憫なので、無難な終わらせ方だろう。

 正直、途中で飽きてしまい、惰性で買っているだけの作品だったが、11年間も続いたことを考えると感慨深い。
 「この巻を読んでいる時、ちょうど~をしていたな」と思い出すことができるので、
 私にとって本作は人生の備忘録のようなものである。
 素晴らしい日常の提供に感謝したい。

なお、今までの内容は当ブログの『新世紀エヴァンゲリオン 碇シンジ育成計画』のまとめで確認できる。