読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

赤目無冠のぶろぐ

アニメ、将棋・麻雀、音楽(作曲、DTM、ベース)、思想など

fc2のぶろぐからやって来た男。詳しくははじめにへ。

ブロガーの命は短い

日記

今日は暇なのでみんなのブログを巡回した。
その際、たくさんの人がブログをやめていたことに気づいた。
一人の人間が何年も一つのブログにこだわることはほとんどない。
大多数が卒業や就職などをきっかけとしてブログをやめてしまうようだ。
寂しいものである。

私は2010年8月にfc2ブログを開設した(本ブログの上の方にリンクがある)。
当時はストライクウィッチーズの2期が話題になっていたので、それについて述べていた。
ツイッターもやっていた。いろいろと暴走していた。
今思えばあれはあれで一種の青春だった。

しかし2011年3月で一時的にやる気がなくなってしまった。
きっかけは大地震
地震のせいで気持ちが変わってしまった。
「いつまでもこのままでいいのか」という問題意識が自分の中で浮上した。
ありきたりではあるが、地震が変わるきっかけになった人はけっこう多いと思う。
本当に何万人も亡くなってしまったわけだし。
虚構を彷徨っていた人間が現実を見るようになった。そういう転換点だった。
当時は「不謹慎だ」という言葉がツイッター上で流行っていた。

そのあとはブラブラして何故か競馬や競艇のようなギャンブルにハマった。
一般的にはよくない流れではあるが、
データや統計に基づいて物事を考えるのが好きなタイプなので、よい面もあった。
賭けないでただ眺めるだけでも冷静に楽しめる性格なので、幸いなことに、大損することはなかった。
ちょっとした刺激やレジャーを求めていたのだと思う。
先の地震の後だったので、いつ死ぬか分からないからたまには散財もしよう、と思った。
(余談だが、ギャンブルで最終的に破滅するのは本命を過信してそれに大口を賭ける人だと思う。
 そもそも「ギャンブル」とうたっている以上、「絶対」という概念など存在しない。
 私はそれを踏まえてやや難しい馬に遊びで100円だけ入れる中穴党だったので、助かったようだ。
 それと来る時と来ない時の差がすごいので、深追いしない方がよいようだ。)

そして2012年にニートになった。
自由時間が増えたので、いろいろ検討した。
えむえむっ!』を批評したり、アニメを分類したりしていた。

そして2013年にこのはてなブログに移転した。
当時のfc2だと自分のページがなかなかグーグルに載らなかった。
しかしはてなはすぐに反映された。
それで「時代ははてなだ」と思った。今思えば時代の変化に気づくのがちょっと遅かった。
そこでたくさんの人達が賛同してくれた。

でも今はその人達もほとんど消えた。本当に変化がめまぐるしい。
ネット社会における数年というのは一般社会の10年ぐらいに該当するのかもしれない。